【保存版】SNSインフルエンサーのマーケット用語辞典

Instagramをはじめとして、twitterやYouTubeなど人気のSNSを通して多くのフォロワーに情報を拡散できるインフルエンサー。

そのインフルエンサーを起用したインフルエンサーマーケティングですが、専門用語も多数あります。

本記事では、それらの用語についてまとめみましたので、是非SNSを活用する上で参考にしてみてくださいね。

 

もくじ

インフルエンサーマーケティング専門用語(アルファベット順)

インフルエンサー マーケティング用語

インフルエンサーマーケティング専門用語をアルファベットのものから解説していきます。

 

【AI(人工知能)】

AIとは人工知能の事を言います。

このAIはインフルエンサーマーケティングにおいては、インスタグラマーやハッシュタグの選定などで活用され、企業のPRしたい商品、サービスの認知度アップに貢献します。

今までは、インフルエンサーやハッシュタグを選定する際に、人の感覚的な判断で行われることがほとんどでした。

しかし、AIを導入することにより、いろいろなSNS上のデータを収集、分析でき、客観的な提案が可能となります。

AIを取り入れたマーケティングツールを提供している企業も複数ありますので、活用を検討してはいかがでしょうか。

関連記事:Instagramで「バズる」ハッシュタグの付け方・選び方を徹底解説

Instagramで人気投稿になるハッシュタグの効果的な付け方・選び方を徹底解説

 

【DMP(Data Management Platform)】

DMP(Data Management Platform)とは、データ・マネジメント・プラットフォームの略称です。インターネット上の様々なサーバーに蓄積されているビッグデータや、自社サイトのログデータなどを管理、分析し、広告配信の最適化実現を目指すためのプラットフォームです。

関連記事:

 

【Facebook(フェイスブック)】

Facebook社が運営するSNSです。

実名制のため、主にビジネスパーソンを中心ン位使用する人が多くみられます。30代中盤殻50代くらいの層が中心です。

また、個人の属性データが、他のSNSよりも細かいので、広告を配信する際には、より的確に行えます。

関連記事:

 

【Instagram(インスタグラム)】

写真や動画をメインとした視覚的に優れたプラットフォームです。

2016年からスタートしたストーリーズ、さらに、ショッピング機能も追加され、Instagramが消費者の購買も担っています。

かつては「ググる」のが当たり前でしたが、現在では「タグる」行動により、検索することが多くなっています。

オシャレな写真や動画をアップすることで、ブランディングできるツールとしても、幅広く利用されています。

また、Instagramキャンペーンというものがあります。

これは文字通り、Instagramを使ったキャンペーンの事を言います。

キャンペーンの内容は、検証や商品モニターを募集したり、クーポンを配布したり、様々です。

詳細はこちらの記事を参考にしてください。

関連記事:Instagramキャンペーンにおいてより良い効果を得る方法

Instagramには広告もあります。

自分のフィード(タイムライン)に一般の投稿のように紛れて広告が配信されるため、いかにも「広告」という感じがしないため、ユーザーから比較的に受け入れられやすいようです。

また、Facebookとも連携しているので、ターゲットを細かく設定できることも特徴の一つです。

関連記事:Instagram広告にハッシュタグを付けるケースと付けないケースを解説

 

【KOL】

中国版インフルエンサーと呼ばれています。

中国独自のマーケティングのため、やりにくさを感じますが、中国というビックマーケットをターゲットとして考えた場合、大事なマーケティング手法の一つとなります。

 

【KPI(Key Performance Indicater)】

日本語では「重要経営指標」や「重要業績指標」などと訳されます。

インフルエンサーマーケティングでは、目標値に対する状況を示す指標として扱われることが多いです。

関連記事:【効果測定】InstagramにおけるKPIの設定方法

 

【TikTok(ティックトック)】

TikTok(ティックトック)もSNSの1つで、15秒のショートムービーを投稿するというシンプルなSNSです。

10代~20代の若い世代を中心に大人気のSNSと言えます。

広告配信も行っており、起動動画広告と、チャレンジ広告と、インフィード広告の3つがあります。

関連記事 :

 

【Twitter(ツイッター)】

一人で複数のアカウントを持つことができます。140文字の制限がある文字数で投稿します。フォロワーのリツイートにより、多くの人に拡散することができます。

関連記事:

 

【UGC(User Generated Contents)】

UGCとは、ユーザーの手によって作成されたコンテンツの総称です。

FacebookやInstagram、Twitter、ブログ、写真共有サイトなどのSNS上に投稿されたコンテンツのほか、クチコミサイトに投稿されたレビューや
、通販サイトの商品レビューなども含まれます。

関連記事:

 

【YouTube(ユーチューブ)】

YouTubeは、利用者が非常に多く、さらに増加しています。

動画での広告配信や、人気のユーチューバーによる公告転電など、かなり大きな影響力のあるプラットフォームです。

関連記事:

 

インフルエンサーマーケティング専門用語(ひらがな編 あ行)

インフルエンサーマーケティング 専門用語

では、インフルエンサーマーケティング専門用語のひらがな編、あ行のものから解説していきます。

 

【アンバサダー・アンバサダーマーケティング】

インフルエンサーマーケティングにおいてはアンバサダーとは、自社の商品のファンとして、商品を勧めてくれる層という意味でよく使われます。

SNSが拡大し、個人の影響力が大きくなりつつある現代では、一般ユーザーの発信や影響力は企業からも注目されています。

さらに、このアンバサダーを起用したマーケティンブ手法のことを「アンバサダーマーケティング」と言います。

アンバサダーがSNSを通して情報を発信していくことで、大きな口コミ効果が期待でき、自社の商品拡大につなげていけます。

関連記事:

 

【位置情報】

位置情報とはSNSの投稿に付加できるもので、ユーザーが参考にすることがよくあります。

特に旅行や観光などでは、Instagramの位置情報やハッシュタグを頼りに訪問先を決めることも増えています。

関連記:

 

【インサイト機能】

インサイト機能とは、Instagramが公式に提供している無料の分析ツールです。

運営しているアカウントのフォロワーの年齢、性別、地域などのデータや、それらフォロワーがどの時間帯でアクティブなのか等が分析できます。

人気のあった投稿のデータを抽出することで、エンゲージメント率のを高める方法が見えてきたりと、活用できます。

関連記事:

 

【インスタグラマー】

インスタグラマーとは、Instagramにて多数のフォロワーがいて、大きな影響力を持つインフルエンサーの事を言います。

投稿内容は魅力があり、写真の雰囲気や全体感などにも気を遣い、フォロワーを惹きつける力があります。

関連記事:インスタグラマーとは?定義や収入を解説

 

【インスタ映え(フォトジェニック)】

インスタ映えという言葉が、2017年の流行語大賞を受賞したことでも、Instagramの認知度が広まりました。

キレイな写真を投稿し、パッと人目を惹きつけるこがまさに「インスタ映え」であると言えます。

インスタ映えもフォトジェニックも、Instagramに投稿して映える写真という意味合いで捉えられています。

関連記事:【フォトジェニックとは】インスタ映えとは違うの?

 

【インバウンド】

インバウンドの意味は、主に海外の外国人が、日本へ来ることを言います。

SNSは写真や動画を通してブランディングなので、言語は関係なくマーケティングできるため重要なチャネルの一つとされています。

 

【インフルエンサー】

インフルエンサーのとは、世間に与える影響力が大きい人の事を言います。

特にSNSにおいては、たくさんのフォロワー数を持っているインスタグラマー、ユーチューバーなどを指すことが多いです。

また、このインフルエンサーを起用したマーケティングのことを、インフルエンサーマーケティングと言います。

インフルエンサーの影響力を活用し、企業の商品やサービスのPRを行います。

具体的には、インフルエンサーに自社の商品やサービスを体験してもらい、それについて情報を発信してもらいます。多くのフォロワーが目にするので、拡散効果が期待できます。

関連記事:【インフルエンサーマーケティングとは?】初心者でも5分で理解できるよう解説します

 

【インプレッション】

Instagramにおいて、インプレッションとは、「投稿が表示された回数」の事を言います。

インプレッションは、Instagramインサイトにて、確認するとこができます。

例えば、同じユーザーが3回投稿を見た場合は、「3」とカウントされます。

このように1人のユーザーに何度も投稿が表示されるとインプレッション数は大きくなりますが、見た人の数は「1」であることに留意が必要です。

 

【エンゲージメント】

エンゲージメントとは、投稿を見たフォロワーが、「いいね」や「コメント」などのアクションを起こしたことに対する合計数を表します。

Instagramにおけるエンゲージメント率の算出は、「エンゲージメント数」を「フォロワー数」で割る方法が一般的です。

関連記事:

 

【炎上】

炎上とは、SNS上で使われるインターネット用語です。

Instagramを含むその他SNS、FacebookやTwitter、ブログなどのコメント機能を使って、好意的ではないコメントが集中的に投稿される事を言います。

もし、企業が運営しているSNSが炎上してしまったら、社会的な信用を失うことになりかねませんので、様々な視点から、注意や対策を行っていく必要があります。

関連記事:

【ステマ防止】ステルスマーケティングは絶対にNG!炎上を回避する方法

 

【オリエンシート】

オリエンシートとは、インフルエンサーマーケティングを行う際、投稿内容やスケジュールなどの詳細を決める仕様書のことです。

このオリエンシートを作成することで、インフルエンサーと広告主とのトラブルを回避でき、よりよい投稿を行うことができます。

関連記事:

 

インフルエンサーマーケティング専門用語(ひらがな編 か行)

インフルエンサーマーケティング 専門用語

次に、インフルエンサーマーケティング専門用語のひらがな編、か行のものを解説していきます。

 

【企業アカウント】

企業アカウントとは、その名の通り企業が運営しているアカウントの事を言います。

様々なSNSのアカウントを通して、自社の商品やサービスの拡散するために運用されています。

関連記事:

 

【キャスティング】

自社の商品やサービスなどを宣伝してもらうインフルエンサーを選び、依頼することをキャスティングと言います。

キャスティングを請け負っている専門の会社もあり、インフルエンサーとの交渉から、商品のサンプル発送や管理など、いろいろなサービスが利用できます。

関連記事:【メリット・デメリット】自社でインスタグラマーをキャスティングする際の3つの方法

 

【キャプション】

キャプションとは、Instagramに画像や動画を投稿する際、その内容について説明するための文章のことを言います。
ハッシュタグもキャプションの中に記載します。

関連記事:【アカウント運用のコツ】Instagramの投稿文(キャプション)の書き方・編集方法を解説

 

【口コミマーケティング】

口コミマーケティングとは、商品やサービスに関する消費者の口コミを活用し、認知・購買を広めるマーケティング手法の事を言います。
最近では特に、SNSで影響力の大きいインフルエンサーに協力してもらい、口コミを生み出すやり方も増えてきています。

関連記事:口コミマーケティングを利用して大きな成果をあげる方法を解説

 

【クリエイティブ2次活用】

SNSに投稿したり、広告として作った画像や動画を自社コンテンツの一つとして再利用することを言います。

インフルエンサーマーケティングでは、インフルエンサーの投稿を自社の広告やサイトなどに活用することで、さらなるPRにつなげることもできます。

ただし、著作権などの問題もありますので、利用の際は注意が必要です。

 

インフルエンサーマーケティング専門用語(ひらがな編 さ行)

インフルエンサーマーケティング 専門用語

次に、インフルエンサーマーケティング専門用語のひらがな編、さ行のものを解説していきます。

 

【ショッピング機能】

ショッピング機能とは、Instagramに投稿した商品の写真へタグ付けすることで、ネットショップの商品ページへ誘導することができる機能のことです。

 

【ステルスマーケティング】

ステマ(ステルスマーケティングの略)とは、中立的な立場を装い、良い口コミを書いたり、評価したりする行為の事です。「サクラ行為」「ヤラセ行為」とも呼ばれます。

ステルスマーケティングをしていることが発覚すると、企業やインフルエンサーの社会的信用を失ってしまいます。
インフルエンサーマーケティングを行う上で、気を付けるべき事項で、おろそかにすると、最悪、炎上しインフルエンサーも企業も大きなダメージを受けてしまう可能性があります。
ですので、ステマ対策は必須です。

関連記事:【ステマ防止】ステルスマーケティングは絶対にNG!炎上を回避する方法

 

【ストーリーズ】

Instagramのストーリーズ機能は、写真や動画をスライドショーのような形で投稿することができ、シェアされた投稿は24時間で消えるという特徴を持っています。

また、一定の条件を満たすと、ストーリーズに外部リンクを付けることが可能になります。

Instagramの投稿には外部サイトのリンクを貼ることができないので、ストーリーズは、有効な活用手段となり得ます。

関連記事:【Instagramストーリーズ】編集方法から投稿の保存・削除・足跡機能を解説

 

【成果報酬型インフルエンサーマーケティング】

インフルエンサーマーケティングの報酬プランの一つで、成果が出なければ無駄な費用は支払う必要がありません。

ただし、実力のあるインフルエンサーの選定が必須であり、成果が予想を超えた場合は、課金される費用も増えるため、事前にしっかりと計画して行う必要があります。

 

インフルエンサーマーケティング専門用語(ひらがな編 た行)

インフルエンサーマーケティング 専門用語

次に、インフルエンサーマーケティング専門用語のひらがな編、た行のものを解説していきます。

 

【タイアップ投稿タグ】

タイアップ投稿タグとは、企業などの広告主のからの依頼により、インフルエンサーが企業の商品やサービスをPRする投稿のことを言います。

これは投稿の上部に表示されるため、ユーザーが見てもすぐに「タイアップ投稿」であると判断でき、ステルスマーケティング予防にもつながります。

また、タイアップタグをタップするとそのブランドのアカウントをすぐに見ることができるため、ユーザーへの拡散にもつながります。

ただし、タイアップタグは申請を出して承認が下りないと使用することができません。

それまでは、キャプションやハッシュタグなどを上手に活用しましょう。

関連記事:

 

【タグ付け】

タグ付けとは、写真にユーザー名を付けられる機能のことで、「ユーザー名(@~~~)を投稿に付けます。

Instagramに投稿された他のアカウントの写真に映っている複数の人、それぞれのアカウント情報を写真に付加できることになります。

ビジネスでは、Instagramキャンペーンの際に、自社アカウントをタグ付けするように促し、それぞれの投稿を自社アカウントへの入り口へつなげる、などの活用ができます。

関連記事:インスタグラムのタグ付けを有効活用する方法とは?

 

インフルエンサーマーケティング専門用語(ひらがな編 な行)

インフルエンサーマーケティング 専門用語

次に、インフルエンサーマーケティング専門用語のひらがな編、な行のものを解説していきます。

 

【認証バッジ】

認証バッジとは、検索画面やプロフィールで、Instagramアカウント名の隣に表示されるチェックマークです。

これは、アカウントが、公人・著名人、有名人、グローバルブランドの本物のプレゼンスであることをInstagramが認めたことを示します。

Instagramヘルプセンターから引用
https://www.facebook.com/help/instagram/854227311295302

この認証バッジは、Instagramへ申請し、承認されることで付与されるものです。

このバッジがあることで、ブランドや有名人のなりすまし等を防ぐことができます。

関連記事:

 

インフルエンサーマーケティング専門用語(ひらがな編 は行)

インフルエンサーマーケティング 専門用語

次に、インフルエンサーマーケティング専門用語のひらがな編、は行のものを解説していきます。

 

【ハイライト】

ハイライトとは、Instagramのプロフィール画面上に○枠で表示されているものです。

通常は24時間経てば見られなくなるという機能のストーリーズですが、削除しない限り、表示され続けます。

反響があったものや、特にPRしたいものなどを選んでハイライトを活用しましょう。

 

【バズる】

バズるというのは、主にSNSなどのインターネット上で、短期間で特定の話題が爆発的に拡散し、多くの人の注目を得ることです。

SNSマーケティングでは、このバズを狙うことで、広告効果を高めることができます。

なお、好意的な反応が多く集まりやすい「バズ」と反対に、批判的な反応が多い場合は「炎上」と使用されるようです。

 

【ハッシュタグ】

ハッシュタグとは簡単に言うと、検索用のキーワードのことです。

ハッシュタグを投稿に付けることで、検索性を高めることができます。

Instagramの投稿を多くの人に見てもらおうと思ったら、ハッシュタグの役割は重要です。

効果的なハッシュタグを意識しましょう。

関連記事:Instagramで「バズる」ハッシュタグの付け方・選び方を徹底解説

 

【ビジネスアカウント】

Instagramのビジネスアカウントとは、個人アカウントから切り替えて使うことができるビジネス向けの機能が追加されたアカウントのことです。

ビジネスアカウントに切り替えることにより、「ビジネスプロフィール」「インサイト」「広告出稿」ができるようになります。

「ビジネスプロフィール」とは、Instagramをビジネスとして活用できるようにカスタマイズされたプロフィールのことです。

電話番号やメールアドレスなどの問い合わせボタンを追加したりできます。さらに、店舗の住所も表示できますので、実店舗においても活用でき、集客アップにつなげることができます。

このように、ビジネスアカウントは、アカウントの質の向上のために欠かせない機能がありますので、ビジネスとしてInstagramの活用を検討しているならば、切り替えておくことをお勧めします。

関連記事:Instagramをビジネス活用するときに気を付けるべき4つのポイント

 

【フォロー・フォロワー・フォロワー属性】

「フォロー」は自分で行うもので、気に入ったアカウントをみつけて自由に増やせます。

「フォロワー」は、他人が自分のアカウントに対して行います。

「フォロワー属性」というのは、そのアカウントが抱えているフォロワー層の特徴を表すものです。

一般的には、男女比率や年代、住んでいる地域、アクティブな時間帯などのデータから導き出されることが多いようです。

インフルエンサーマーケティングでは、単にフォロワー数だけでなく、こうしたフォロワー属性が自社のターゲット層と合っているのかを見定めてインフルエンサーの選定を行うことも重要です。

関連記事:

 

【フォロワー単価】

フォロワー単価とは、インフルエンサーのフォロワー1人当たりの単価のことです。

フォロワー数×フォロワー単価によって、インフルエンサーへの報酬を算出します。

例えば、フォロワー20万人のインフルエンサーのフォロワー単価が1.5円だった場合、20万人×1.5円=30万円 となります。

フォロワー単価は、キャスティング会社によっても異なるため、確認が必要です。

関連記事:インフルエンサーへの依頼方法と料金相場はどのくらい?【魅力的なPR成功事例】

 

インフルエンサーマーケティング専門用語 (ひらがな編 ま行)

インフルエンサーマーケティング 専門用語

次に、インフルエンサーマーケティング専門用語のひらがな編、ま行のものを解説していきます。

 

【マイクロインフルエンサー】

マイクロインフルエンサーとは、インフルエンサーの中でも、フォロワーがそう多くないインフルエンサーの事を言います。

フォロワー数は数万人くらいです。しかし、フォロワーとの距離感が近く、トップインフルエンサーに比べると、「いいね」や「コメント」などの反応率が高い傾向にあります。

自社のマーケティングに応じて、選定するインフルエンサーも変わってくると言えます。

 

【メンション】

メンションとは、メッセージを送る際に、読んでもらいたい相手を指定する機能です。

投稿内に「@ユーザー」を表記することで、そのユーザーを指定できます。

Instagramでは、メンションを投稿内に記載することができます。

関連記事:InstagramでSEOを意識するべき理由と注意点を解説

 

インフルエンサーマーケティング専門用語(ひらがな編 や行)

インフルエンサーマーケティング 専門用語

次に、インフルエンサーマーケティング専門用語のひらがな編、や行のものを解説していきます。

 

【ユーチューバー】

ユーチューバーとは、YouTube上にて、自作の動画を投稿して、広告収入を得ている人たちのことです。

多くのフォロワー(チャンネル登録者数)を抱える人気のユーチューバーは、社会に与える影響力も大きいため、インフルエンサーとも呼ばれます。

 

インフルエンサーマーケティング専門用語(ひらがな編 ら行)

ノート まとめ

では最後に、インフルエンサーマーケティング専門用語のひらがな編、ら行のものを解説していきます。

 

【リーチ】

Instagramにおけるリーチとは、ユーザーの投稿の情報がどれだけの人に届いたのかを示す数値のことです。つまり、「投稿を見たユーザーの数」になります。
よく間違えられるものに「インプレッション」がありますが、インプレッションは、投稿が「表示された回数」のことになります。

例えば1人の人がInstagramの同じ投稿を5回見たとします。

紺場合リーチ数は「1」でインプレッション数は「5」になります。

 

【リポスト(リグラム)】

Instagramで投稿をシェアすることを「リポスト」または「リグラム」と呼びます。

ただし、Instagramにはこのようにシェアできる機能は付いていません。ですので、別のアプリを使用して行います。

関連記事:【リポストアプリ不使用】Instagramの写真投稿をシェアする方法

まとめ:SNSインフルエンサーのマーケット用語には沢山の種類や使い道がある

インフルエンサーマーケティング 専門用語 まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は、SNSインフルエンサーのマーケット用語についてあいうえお順で詳細を解説してきました。

関連記事と合わせてお読みいただけると、より一層理解が深まると思いますので是非ご活用くださいね。

また、本メディア「魅力ジャパン」を運営するLIVER株式会社では、人気インスタグラマーやユーチューバーを起用した店舗の紹介やキャンペーン拡散などお力添えできますので、お気軽にご相談ください。