【企業アカウントのフォロワーとの関係】企業アカウントは誰をフォローしている?

Instagram(インスタグラム)は親しい友人の様子、思い出、日常や憧れの芸能人の様子、好きなブランドの情報をチェックするツールとして人気のあるソーシャルメディア(SNS)です。

人気のソーシャルメディアであるTwitter(ツイッター)やInstagram(インスタグラム)、Facebook(フェイスブック)は、実際に会ったことがある人や会ったことがない人に関わらずSNSを通じてつながることができるネットワークです。

この「つながる」というシステムを支えているのが、「フォロー」と「フォロワー」という機能から成り立っています。個人間だけではなく、インスタグラムマーケティングを行っている企業と消費者(一般ユーザー)にとっても重要な機能になります。

企業アカウントがフォローしているアカウントはどんな関係性があるのか気になっている人もいると思います。また企業アカウントを運営している企業は他の企業アカウントがどういったユーザーをフォローしているのかということについて、いくつかのの企業アカウントを例に紹介していこうと思います。

 

「フォロー」と「フォロワー」とは

フォロワー

・「フォロー」=ユーザーをお気に入り登録している状態のこと

・「フォロワー」=自身をお気に入り登録しているユーザー

また、「フォロー」してもらったユーザーを「フォロー」し返すことを「フォローバック(フォロバ)」と言います。

インスタグラムマーケティングを行っている企業や芸能人が運用しているアカウントはたくさんのファンに「フォロー」されます。

企業アカウントや有名人に「フォロー」している人の中にはフォローバック(フォロバ)して欲しいというファン(フォロワー)もいるかと思いますが、企業アカウントのの場合は「フォロー」というアクションを本当にして良い相手なのか慎重に考えなければなりません。

 

企業にとってのフォローとは?

フォロワー 応援

企業アカウントにとっての「フォロー」は通常アカウントの「フォロー」とは異なり、一般ユーザーは友達ではなく「消費者」というになり得るためフォローという行動に少し重みが増してきます。

企業アカウントが1人のユーザーをフォローすることで、それに続いて他にもフォローして欲しいと考える一般ユーザーも多いはず。どういったユーザーをフォローしていけば良いかを悩んでいるインスタグラムマーケティングの担当者も多いのではないでしょうか。

ユーザー数が年々大幅に増加しているInstagram(インスタグラム)はソーシャルメディアマーケティングに欠かせないビジネスツールですね。

今では多くの企業がビジネスツールとして「Instagramマーケティング」を運用していっています。ここからはその企業アカウントでいくつかの企業アカウントをピックアップして、「フォロー」と「フォロワー」の関係性を紹介していきますので、ぜひ企業のインスタグラムマーケティングの運用で参考にしてみてください。

 

【事例1.UNIQLO】

ユニクロロゴ

ユニクロ インスタ
引用元:UNIQLO Instagramアカウント

世界中で大人気のファッションブランド「UNIQLO(ユニクロ)」の公式アカウントは、芸能人やインフルエンサーを多くフォローしています。

UNIQLO(ユニクロ)がフォローしている著名人は、CMや、雑誌といったメディアでのに起用するなど一緒に仕事をしたことのある芸能人やファッションデザイナーがほとんどです。

これまでに仕事をした人とは今後も良い関係を築くためにフォローしているみたいです。いくつかの企業アカウントでも同様の考えでフォローしていたりもします。

また手頃な価格で良質な製品を販売するUNIQLO(ユニクロ)は多くの一般ユーザーに支持されています。

そのためUNIQLO(ユニクロ)のコーディネートをInstagramの投稿を利用するファッションインフルエンサーが存在しており、そういったファッションインフルエンサーも多数のユーザーから支持される存在になっています。

「フォロー」をみてみると400名以上フォローがいるので全員とコラボしたことがあるかは定かではないですが、UNIQLO(ユニクロ)は自社の製品を支持する多くのファッションインフルエンサーをフォローしています。

こういったインフルエンサーをフォローすることによって、インフルエンサーのモチベーションがあがりUNIQLO(ユニクロ)製品のコーディネートコンテンツを投稿する機会が多くなることが予測することができますね。さらに、UNIQLOのフォロワーは、ユニクロを使ったコーディネートの参考になるアカウントを探しやすくなるという利点もあります。

また、フォロー対象となるユーザーを明確にしていることで、フォロバ論争が起こりにくいこともポイントではないでしょうか。

ユニクロと同様の基準でフォローをしている企業アカウントは「H&M」、「ジミーチュウ」などファッションブランドや「Vogue」などファッション雑誌は、ソーシャルメディアマーケティングなどでインフルエンサーとコラボしている機会が多いため、UNIQLOと同様に多くのインフルエンサーをフォローしているパターンがあるようです。

 

【事例2.ダイソー】

ダイソー ロゴ

ダイソー インスタグラム
引用元:ダイゾージャパン Instagramアカウント

次に紹介していくのは人気100円ショップ「ダイソー」のインスタグラムアカウントになります。

ダイソーのアカウントは複数のアカウントをフォローしていますがダイソーがフォローする対象は明確になっており、仕事で関係性のあるアカウントのみフォローするようになっています。

ダイソーの日本アカウントがフォローしているアカウントは、「シンガポール版ダイソー」や「アメリカ版ダイソー」などダイソーに関連しているアカウントとその関係者のアカウントのみになります。姉妹アカウントをフォローしておくことで、フォロワーを他アカウントへ誘導できるのでおすすめの手法です。

複数店舗がある企業は店舗ごとにアカウントを作成してしまいアカウントをフォローすることでフォローワー増加にも期待できますね。

 

【事例3.IKEA】

IKEA ロゴ

IKEA インスタグラム
引用元:IKEA JAPAN Instagramアカウント

次に紹介するのは家具ブランドとして世界中で人気の高い「IKEA」です。

IKEAはフォロー数NONと表示されています。これはフォローしている人は0人ということです。「IKEA」では関係者であろうとも誰もフォローしない規程をとっています。インスタグラムマーケティングを行っている企業アカウントではユーザーをフォローしないアカウントは多くあります。

世界中で人気のある大手企業ほどたくさんのファンを抱えているため、1人のファン(フォロワー)をフォローしてしまうと他のファンにもフォローして欲しいユーザーが殺到してしまうケースがあるからです。

場合によってはなぜフォローしてもらえないのかとトラブルになってしまうフォロワーが現れる可能性もあるので、インスタグラムを運用していく上で企業アカウントは誰もフォローしないという姿勢を見せることもビジネスの手法として良い判断かと思います。

 

【事例3.Louis Vuitton】

Louis Vuitton ロゴ

Louis Vuitton インスタグラム
引用元:Louis Vuitton Instagramアカウント

最後は世界中で圧倒的人気をほこっているブランド「Louis Vuitton(ルイヴィトン)」です。

ルイヴィトンのフォローしているアカウントは全てInstagram公式アカウントの5つのアカウントをフォローしています。自社で運営している姉妹アカウントや、ルイヴィトンのイメージトップモデル、デザイナーになります。

このような世界的大企業ではブランドイメージを落とすことができないので、完全に自社に関係するアカウントのみフォローし、そこから関係しているアカウントへの誘導することをもくてきにしているのだと思います。
このように数名の関係者のみをフォローしてそこに誘導する狙いのあるアカウントも多く見かけます。

 

まとめ

まとめ

いくつかの企業アカウント事例をあげて説明してきた通り、それぞれの企業アカウントの運用方法や内容、ブランドイメージによって、フォローする数やアカウントが異なってきています。

ブランドとしてインフルエンサーと協力してキャンペーンを行ったり、コンテンツを頻繁に配信している場合は、ビジネスパートナーとしてインフルエンサーをフォローしているなど、上記で紹介した事例を参考にInstagram(インスタグラム)でフォロー管理をしていってみてください。

インスタグラムの企業アカウントを運営して「フォロワー」を獲得してい方法は別の記事詳しく説明しているのでご一緒に参考にしてみてください。

【関連記事】【4つのポイント】インスタグラムで「いいね!」「フォロワー」を増やしたい人・企業必見!
【関連記事】インスタグラムを活用して自社の集客を成功させる方法