【効果測定】InstagramにおけるKPIの設定方法

各企業のソーシャルメディアマーケティング担当者の方の中には、その効果測定をどのように行えばいいのか迷っている方も多いのではないでしょうか?

企業の自社アカウントを運用する場合、どのように目標設定したら良いのか?また設定した目標に対して、現状でどれほどの効果を生み出せているのか、今後の改善点はどこにあるのかを把握するための効果測定が必要です。

とはいえ、見るべき数値や項目をきちんと理解していないと現状を正しく分析することができずに、アカウント運用の方向性が逆に曖昧になってしまい施策の効果をあげることができなくなるケースも多々あります。

企業アカウントの効果測定を正しく行うことで、低コストでフォロワーを獲得したり、自社商品の認知を知ってもらったり、自社のブランドイメージを高めたりという目標を効率的に達成することが可能になります。

費用をかけずに自社でできる範囲でしっかりマーケティングを行う適切な方法をぜひ押さえておきましょう。

本記事ではInstagramマーケティングに取り組む際に設定するべきKPI、またKPIを決めるポイントや効果測定方法について具体的に詳しく解説していきます。

 

KPIとKGIの違とは?過程の計測し、最終的な目標の達成結果までの計測

KIP 効果測定

マーケティングを行う上で1番大切なのは「何を目標として」「何を成果とするのか」ということをきちんと決めるということです。

そしてこの効果を測定するために活用されるのがKGI(Key Goal Indicator:重要目標達成指標)とKPI(Key Performance Indicators:重要業績評価指標 )です。

 

KPI(重要業績評価指標):最終的な目的を達成するための過程を測定

KGI(重要目標達成指標):最終的な目標の達成結果を測定

わかりやすく例えると、KGIをが最終的な目標で、KPIはその最終的な目標の前にクリアすべき小さな目標です。

そしてどちらにも共通して言えることは曖昧な数値で決めるのではなく、具体的な数値をしっかりと決めることです。

 

ダメな指標:顧客満足度をあげる・新商品を開発して流行らせる

良い指標:商品をリピート率を○%上昇させる・売り上げを前年対比○%アップさせる

こちらの例のように、KIPを設定する際には必ず最終目標(KGI)から逆算して明確するようにしましょう。

 

【インスタグラムマーケティングにおけるKPIはフォロワー数やハッシュタグの投稿数といった数値を用いて設定する】

上の例であげたように「半年以内に売り上げを前年対比○%アップさせる」ことをKGI(最終目的)として設定した場合、InstagramマーケティングにおけるKPIはこのように設定していくことになります。

 

✔︎KGI
半年以内に売り上げを前年対比○%アップさせる

✔︎KPI

  • Instagramのフォロワーを○カ月以内に〇倍に増やす
  • ハッシュタグキャンペーンを行いハッシュタグでの流入増加率を○カ月で〇%あげる
  • 自社URL/LPのキャンペーン申し込みページのクリック数を○カ月で〇回以上にする

このような詳細にKPIを設定することで、具体的に決めたゴール(KGI)向かって何を達成していけばいいのかがわかってきます。

また、最終的な目標を達成するために気にする数値も明確になるため、効果的な効果測定を行うことが可能になります。

KIPを設定して、効果測定中に中間目標が達成できていなかった場合はその都度改善案していくことが必要です。

 

具体的なKGI・KPI設定の方法を解説

KPI KGI 設定

 

【InstagramのKPI把握は分析ツールの活用がおすすめ】

販売戦略や知名度向上を目指している企業におけるInstagram運営では、以下のようなKPIの効果を計ることが基本になります。

  • フォロワーの増加率
  • 自社URLのクリック数
  • フォロワー数に対するいいね!数の割合
  • 自社関連のハッシュタグの増加率
  • 社関連のハッシュタグの投稿数

ただしこれらのKPIの変化率を調べる方法を知らなかったり、細かい数値の変動を調べるまでにかなりの時間をがかかってしまう方が多いのではないでしょうか?

Instagramの運用を専門に行う担当者がいれば別ですが、通常のマーケティング施策と同時進行してInstagramの運用、効果測定も請け負っている人の場合、少しでも効果測定の作業の負担を減らしたいところですよね。

そこでおすすめしたいのが、Instagramの分析・解析ツールの活用をすることです。

ツールにもいろいろなものがあり、フォロワー数の増減やいいね!の数の計測はもちろん、どの時間帯の投稿が1番リアクションが良いのか、他のアカウントと比較したデータ等を確認することができるものまで様々です。

もし、自社でKPIを知るのに適したツールがあるなら、積極的に利用することで精度の高いデータを用いた効果測定を効率的に行うことが可能になるでしょう。

 

【設定した最終目標の達成度合いを評価するのに適したKPIを知ることで、効果測定の精度が向上する】

KPIは最終目標が達成できているかどうかを段階的に確認するための数値となっていますので、KPIを活用した効果測定では、細かい目標設定が非常に重要となります。

例えば自社の商品やサービスの認知度や好感度をあげるためのブランディングを目的としている場合では、Instagramで必要なことはフォロワーを増やすことやいいね!等の反応を多く獲得することですね。

その時に見るべきKPIは、フォロワー数やエンゲージメント率ということになります。

目的:ブランディング・商品やサービスの認知

KPI:フォロワー数(増加率)、ブランド関連のハッシュタグの投稿数

ここで確認すべきはフォロワーの増加で、投稿の表示数(インプレッション)が増加していてもフォロワー数が伸び悩んでいる場合は、フォロワーの増加率をあげるために改善しなけでばいけません。

またどうすれば自社のブランド関連のハッシュタグの投稿数が増えていくか戦略を考えていく必要があります。

ひとつの例として「新規顧客獲得のためにキャンペーンへの応募を増やしたい」という目標を設定した場合を見てみます。

その場合、自社のキャンペーンページに誘導しなければいけないので、重要なKPIはキャンペーンページへのクリック数となります。

目的:新キャンペーンへの応募数を増やす

KPI:キャンペーン誘導のクリック数

関連記事:インスタグラムを活用して自社の集客を成功させる方法

 

施策がうまくいかない場合にチェックすべき項目

KIP KGI

KGIとKPIを設定してマーケティングを実施しても、成果が思うように出ない場合があります。

そのような場合、以下の要因が懸念されるので1度を見直してみましょう。

  • KPIの設定が自社の現状からかけ離れている
  • 目標設定が間違っている
  • 現実的でない数値を設定をしている

「半年以内に売り上げを前年対比○%アップさせる」という目標を掲げたとして、そのために商品やサービスのリピート率をあげたいのか、それとも新規顧客の獲得率をあげたいのかで目標となるKPIが異なるというわけですね。

現状から伸ばせそうな部分を分析し、新たな目標をたて、それに沿ったKPIを新しいKPIとして設定していかなければいけません。

売り上げそのものの単価を上げたいのであれば、例え高額であったとしても商品の魅力を訴求できるようなコンテンツの制作に力を入れるなどといった工夫が必要になります。

ここでフォロワーの獲得だけに注力しすぎて、商品の訴求を疎かにしても無意味です。

また目標KPIを達成するためには、その手段も適切でないといけません。

目標と設定しているKPIが適切かどうか?達成が現実的かどうかも注意が必要なポイントです。

 

まとめ:【効果測定】InstagramにおけるKPIの設定方法

Instagram KPI

いかがでしたでしょうか?

本記事では、InstagramにおけるKPIの設定方法とその効果測定方法を解説していきました。

Instagram上でのKPIによる効果測定を行うことで、以下の次の3つのメリットがあります。

  • 効果測定によって運営状況が可視化できる
  • アカウントの改善点を具体的に洗い出せる
  • 成果の出せるインスタグラムの運営を行える

設定したKIP(目標)を達成できなかったり、目標と現実に大幅な誤差が生じてしまったりした場合はその都度修正をし、方向転換を行って効果的なマーケティングにつなげていきましょう。

本メディア「魅力ジャパン」を運営するLIVER株式会社では、人気インスタグラマーやユーチューバーを起用した店舗の紹介やキャンペーン拡散などお力添えできますので、お気軽にご相談ください。