Instagram広告にハッシュタグを付けるケースと付けないケースを解説

今現在、多くの企業が自社商品やサービスの認知や購入などを促進するためにインスタグラムの広告機能を使用しています。

インスタグラム広告を使用する時に多くの方が迷うところが、ハッシュタグをすべきかすべきではないか?と言う点です。

Instagramではハッシュタグをつけることにより、企業ブランドや商品の認知度をあげることをを始めとした多くのメリットを得ることができます。

とはいえ、ハッシュタグを利用することよってハッシュタグないをループしてしまい、狙ったユーザーが広告内に掲載している自社サイトへ誘導しているリンク先に移動してくれない可能性も出てきます。

そこで本記事でdは、Instagramにハッシュタグをつけるべき場合と付けてはいけない場合、その際のメリットとデメリットについて詳しく解説していきます。

 

ハッシュタグをつける際に大切なのは目的があるかどうか

Instagram タグ 広告

広告を掲載した際にテキストにハッシュタグをつけすぎると、ユーザーが広告リンクをクリックせずに、ハッシュタグをクリックしてしまい、そこから違う記事に飛んでしまったり・・・とせっかく掲載した広告から離れていってしまうと言う可能性があります。

なので、インスタグラム広告を打つでハッシュタグをつけるときは、なんのための広告なのか?と言うこと、まずは広告を掲載すつ目的を明確にしてくおくことが重要になります。

その上で、その広告にはハッシュタグを付けるべきか付けない方が良いのかを判断しましょう。

 

【ハッシュタグをつけた方が良いケース】

インスタグラム広告にハッシュタグを付けて投稿するときは、ブランディング目的となることが多いです。

「自社の商品やサービスの認知度を上げたい」「企業ブランドの新しいキャッチコピーやキャンペーンを積極的に広めたい」と言った認知が目的の場合、ハッシュタグを利用することは大きな利点になってくれます。

 

【ハッシュタグをつけるべきではないケース】

掲載しているインスタグラムの広告が、カルーセル広告やダイレクトレスポンス広告(リンクをクリックして自社サイトやECサイトに誘導する広告)の場合は、ハッシュタグはつけるべきではないケースです。

これは、ユーザーがハッシュタグをクリックして広告から離れてしまうことを防ぐためです。

なのでどうしてもブランディング目的でInstagram広告にハッシュタグつけたい場合は、ハッシュタグの数を最小限に抑えるようにしましょう。

 

Instagram広告にハッシュタグをつけるメリット

インスタ メリット 広告 タグ

どのような広告にはハッシュタグを付ければ良いか?お分かりいただけたでしょうか。

では、ハッシュタグをつけるべきインスタグラム広告を理解できたところで、次にハッシュタグをつけることでどのようなメリット・デメリットがあるのか見ていきましょう。

 

【メリット1.口コミの拡散にとても効果的】

Instagramは、ユーザーが各商品の口コミを調べるためにも利用することができます。

Instagram広告で、商品やサービスの認知度を上げたいと思い(ブランディング目的)ハッシュタグをつけることで、すでにその商品の利用ユーザーや興味のあるユーザーが次々とその商品の感想や口コミを写真付きで投稿してくれるようになります。

これは他のユーザーからの認知度を高め、購買意欲の促進にも繋がってとても良いメリットです。

 

【メリット2.目に着きやすく認知度アップに繋がる】

もちろんハッシュタグは投稿数が多く、人気のあるタグほと外部のユーザーからの注目度が高くなります。

以前アライドアーキテクツ株式会社が行った、ハッシュタグ利用実態調査によると20代女性の40%もの人がフォロワーのハッシュタグに興味を持ちチェックしていることがわかっています。

なので、Instagram広告にもハッシュタグをうまく利用することによって企業自体のブランドや商品・サービスの認知度をあげることを狙うことができます。

 

Instagram広告にハッシュタグをつけるデメリット

インスタ広告 タグ デメリット

 

【デメリット1.多すぎるハッシュタグはユーザーが困惑・離脱する】

ハッシュタグを利用する方法は、簡単に多くの人に広告を見てもらう方法ではありますが、あまりにも多くつけすぎてぐちゃぐちゃになってしまうと、本当に見て欲しいの写真や投稿に目がいかず、ハッシュタグを見て他の記事に飛んでしまう恐れがあります。

ハッシュタグが多すぎる投稿は見た目にも見にくいので、そうなってしまうとせっかく広告を見てくれたユーザーが他の投稿へと離脱してしまいます。

ユーザーが見たい・興味がある投稿は「綺麗で好奇心を満たしてくれるもの」「面白みのある写真や動画」なのです。

なのできちんとユーザー目線になって投稿することがとても大切になってきます。

 

【デメリット2.意味のないハッシュタグは逆効果の可能性も】

企業が商品やサービスのPR広告に起用している覚えやすいキャッチコピーなどは、その企業や商品の認知度を上げるためにハッシュタグにも使われることが多いです。

しかしその内容があまりにも言いにくい名前や、覚えにくい・悪意のあるハッシュタグになってしまうとユーザーの反感を買ってしまいます。

インターネット上で1度悪い印象がつくと、怖いもので商品の認知に伴い悪い認知度も上がっていってしまうので気を付けましょう。

また、先ほども述べましたがハッシュタグを付ける際には必要最低限にしておかないと意味のないハッシュタグはユーザーを離脱させてしまい逆効果になってしまいます。

 

まとめ:Instagram広告にハッシュタグを付けるケースと付けないケースを解説

nstagram広告にハッシュタグを付けるケースと付けないケースを解説

いかがでしたでしょうか?

本記事では、Instagram広告にハッシュタグをつけるケース・付けないケースとそのメリットデメリットについて解説してきました。

Instagram広告におけるハッシュタグはうまく利用すれば、Webマーケティングを行っていく上で大きく活躍できる機能として使うことができます。

ですが最近では、ハッシュタグがマーケティングに使われていることをすでに多くのユーザーに知れ渡っていますので、明らかな広告だとユーザーにわからないように広告を掲載することが重要となります。

Instagram広告で成功するためには、常にユーザーを満足させる・ユーザーのためになるようなコンテンツを投稿することを忘れないように心がけましょう。

あくまで、広告要素が強くなってしまっては意味がありません。

ハッシュタグは企業ブランドを初め、商品やサービスの認知に繋げる大切なツールです。

うまく活用してより効率よくマーケティング戦略を立てていきましょう。