企業アカウントがビジネス利用する際のハッシュタグの選び方とは

今現在、全世界で10億人、日本国内でも3300万人のユーザーがいて、成長し続けているInstagram。

今、Instagramで企業アカウントを開設しマーケティングに活用する企業もどんどん増えており、その手法に非常に注目が高まっています。

Instagramでの企業アカウント運用の際のKPI(重要業績評価指標)として、「いいね数」や「コメント数」などの「エンゲージメント率」やプロフィールURLからの公式サイトやECサイトへの「移動率」など、設定しているKPIは企業によりさまざまですが、「フォロワー数」をKPIに設定している企業の方も多いのではないでしょうか?

「フォロワー数」や「インプレッション数」はターゲット(新しい顧客)とのコミュニケーションが可能な規模に直結する数値です。

なので、「フォロワー数」はInstagramマーケティングを行う上で、Instagram運用において最も重視すべきKPIのひとつなのです。

企業アカウントのフォロワーやインプレッションをコストをかけずに増やすためには、ハッシュタグの選び方が非常に大切です。

とはいえ、フォロワーを増やすとなると、広告費をかけて宣伝しないといけないのでは?インフルエンサーを起用してPRしてもらわないと伸びないのでは?とお考えの方もいらっしゃるのではないでしょうか?

もちろん広告費をかけて宣伝したり、インスタグラマーを起用したマーケティングを行ってフォロワーを増やすこともできるのですが、自身でInstagram投稿の工夫をすることで、コストを抑えつつフォロワーを増やすことができます。

その仕組みは、「ハッシュタグ」をうまく活用することにあり、なぜハッシュタグが重要かなのかというと、ハッシュタグでの検索結果の1番上に表示される「人気投稿」に選ばれると、既存のフォロワー以外の多くの人に投稿を見てもらえるチャンスを無料で得ることができるからです。

「商品に関連しそうなハッシュタグをなんとなく適当に何個かつけている」

「既に決まった定型のハッシュタグを毎回利用している」

というようなハッシュタグの活用方法になってしまっている場合、それは非常に大きなチャンスを逃してしまっていることになりかねません。

今回はソーシャルメディアマーケティング担当者の方に向けて、企業アカウントがInstagramをビジネス運用する際に効果的なハッシュタグの選び方について、詳しく解説していきます。

関連記事:【インスタグラムの利用者数は?】企業担当者は知っておきたい基礎情報

関連記事:【効果測定】InstagramにおけるKPIの設定方法

 

Instagramのハッシュタグ(#)について解説

インスタ ハッシュタグ

まず、Instagramのハッシュタグ(#)とはそもそもなんなのかについて解説していきます。

Instagram以外のSNSでも使用することの多いハッシュタグ。

本記事を気に、ハッシュタグをと他のテキスト(文章)との違いやハッシュタグの特徴を理解していただければと思います。

関連記事:インスタグラムのタグ付けを有効活用する方法とは?

 

【Instagramのハッシュタグ(#)とは何?】

Instagramの「人気投稿」は各ハッシュタグごとに決められています。

Instagramにおけるハッシュタグとは、写真の投稿文(テキスト)としてつける「#」から始まる文字のことを表します。

View this post on Instagram

自然の温もりを感じるくつろぎの空間🤗 細脚デザインの家具と天然素材の小物で叶えるナチュラルなリビングコーデ🌿 . 素材そのものの風合いを活かした家具やインテリアを取り入れて、ナチュラルなリビングに変えてみませんか?😄 テーブルやチェストは細脚デザインで揃えて、開放感のある雰囲気に🌲 「オーランド」シリーズのオーク材の優しい木目がナチュラルなお部屋にぴったり! グレーソファは、木製の脚と落ち着いた色合いの布張り素材で、空間を優しく引き締めます👍 . ナチュラルなリビングのアイテムは、天然素材で合わせるのがおすすめ✨ コットン素材のクッションやウォーターヒヤシンスのバスケットが、さりげなくコーディネートの格を上げてくれます😍 座ったり、足載せにもなるプーフは、フリルが可愛いコットン素材のカバーにすると雰囲気ががらりと変わり、お部屋のアクセントにもなりますよ🎀 . ニトリのインテリアを使ったコーディネート写真に #mynitori を付けて投稿していただくと、いいね、リポストさせていただくかも💙 . 【アイテム例:写真1枚目】 商品名:ロープパーテーション(テト 40X60) お値段:1,474円(税別) 商品コード:7360966 . 商品名:クッションカバー グラブ BR お値段:1,380円(税別) 商品コード:7804709 . 【アイテム例:写真3・7枚目】 商品名:ヌードプーフ お値段:1,818円(税別) 商品コード:7806022 . 商品名:プーフ専用カバー(コットンフリンジ) お値段:3,173円(税別) 商品コード:7806021 . 【アイテム紹介:写真4枚目】 商品名:3人用布張りソファ(STERY) お値段:55,463円(税別) 商品コード:1150050 . 【アイテム紹介:写真5枚目】 商品名:サイドボード(オーランド2 1200) お値段:36,945円(税別) 商品コード:3000372 . 商品名:センターテーブル(オーランド120) お値段:27,686円(税別) 商品コード:1500304 . 商品名:フリーテーブル(オーランド45) お値段:9,250円(税別) 商品コード:2600148 . 【アイテム例:写真6枚目】 商品名:既製カーテン(チェルシー アイボリー 100X200X2) お値段:7,399円(税別) 商品コード:7334544 . 商品名:アクセントラグ(リラシャグ 160X235) お値段:9,082円(税別) 商品コード:7232602 . 【アイテム例:写真7枚目】 商品名:クッションカバー(IN サンドO) お値段:1,355円(税別) 商品コード:7805731 . 商品名:クッションカバー(リングロープ IV 2) お値段:1,355円(税別) 商品コード:7805563 . 【アイテム紹介:写真8枚目】 商品名:フェイクグリーン ハンギング スチールポット ハーブ(HA31956) お値段:1,380円(税別) 商品コード:8241532 . 商品名:茶々急須(700ml) お値段:1,102円(税別) 商品コード:8907688 . 商品名:〔幅38×奥行26×高さ24cm〕バスケット ムスカ(レギュラー) お値段:1,173円(税別) 商品コード:8161063 . 商品名:〔幅19×奥行26×高さ24cm〕バスケット ムスカ(たてハーフ) お値段:818円(税別) 商品コード:8161065 . ※家具等はニトリネットでゆっくりご覧いただけます。 ※オーダーカーテンは店舗でのご注文を停止しております。ニトリネットでのご注文をお願いいたします。 ※写真には演出品を含みます。 ※入荷待ちの商品についてはお届けまでに日数をいただく場合がございます。 ※一部の店舗、通販サイトでは展示や在庫がない場合がございます。 ※一部の商品の価格は変動する可能性があります。 . #ニトリ購入品 #nitori #おねだん以上 #ニトリ #mynitori #クッション #ラグ #カーテン #テーブル #ソファ #お部屋作り #マイルーム #リビングコーデ #リビングルーム #リビング #模様替え #居心地の良い空間 #おしゃれインテリア #リビングインテリア #ナチュラルインテリア #雰囲気のある暮らし #暮らしを楽しむ #暮らしを整える #丁寧な暮らし #スッキリ暮らす #インテリア好き #雑貨好き #日々の暮らし #インテリア #おうち時間

A post shared by 「お、ねだん以上。」ニトリ公式アカウント (@nitori_official) on

投稿:@nitori_official

上記のニトリの公式アカウントの投稿を例にすると、「#おねだん以上」や「#リビングコーデ」などがハッシュタグに該当します。

 

【ハッシュタグ(#)とその他テキストの違いとは?】

ハッシュタグと、通常の投稿文(テキスト)やコメントの違いは、「検索ワード」として機能しているかどうかです。

GoogleやYahoo!の検索エンジンでの検索は、タイトルであっても本文であっても、キーワードが含まれている部分全てがキーワードとして検索ワードとして表示されます。

しかしInstagramの場合は、通常の投稿文(テキスト)やコメントは検索結果の対象にはならず、ハッシュタグ(#)だけが検索対象となり検索結果に表示されます。

なので、自分自身のアカウントのフォロワー以外のユーザーに対してリーチすることのできる検索結果に表示されるようにハッシュタグ(#)は有効に活用したいポイントになります。

 

【ハッシュタグ(#)は「完全一致」の検索結果】

Instagram 画像

上記の3つに分かれている画像は、それぞれ「#インスタグラム」「#インスタ」「#Instagram」のハッシュタグの検索結果です。

GoogleやYahoo!などの検索エンジンの検索機能ともう1つ違う部分は、キーワードの部分一致で検索結果が表示されるわけではなく、「完全一致」の状態での検索結果であるということです。

意味合いは同じでも、その単語単語によって検索結果が違うということです。

同じような意味の単語でも、「#インスタグラム」「#インスタ」「#Instagram」の3つは検索結果が違うだけではなくて、そもそも完全一致という条件に合わない投稿は表示すらされることはありません。

そのため、Instagramでは、複数の表現方法があるキーワードを使って投稿する場合、単語の完全一致でしか検索結果に掲載されないという前提でハッシュタグをあらかじめ複数選択し、投稿する必要があります。

 

Instagramの人気投稿とは?

Instagram 人気投稿

ここまで、Instagramの中でのハッシュタグの役割と、それを使った検索方法や検索結果の表示のされ方について解説してきました。

そして次に、Instagramのハッシュタグの検索結果の中でも特に活用したい存在である「人気投稿」について解説していきます。

ハッシュタグによる人気投稿とは、ハッシュタグで検索をした時に1番上に表示される9枚の写真のことを指します。

こちらが、Instagramの「人気投稿」の例です。

Instagram 人気投稿

人気投稿は各ハッシュタグごとに9枚の写真が、Instagram内部のアルゴリズムによって選出され、表示されます。

自分のタイムライン(フィード)を含めて、基本的には時系列なっていて、古い投稿が下に流れていってしまうInstagramにおいて、必ず1番上に表示される9枚の「人気投稿」に選ばれるということは、そのハッシュタグで検索した多くの人に自分の投稿をみてもらうことのできるというのが最大の魅力です。

ハッシュタグの人気投稿に入ることができれば、投稿した写真をたくさんのユーザーに見てもらえるだけではなく、そこから流入した沢山のフォロワーを無料で獲得することができますよね。

今回例に挙げた「#東京カフェ」で上位を獲得している9写真の店舗はその他の大量の投稿と比較して、圧倒的に多くのユーザーにリーチできています。

 

ハッシュタグ(#)人気投稿に入った時の広告効果は?

Instagram ハッシュタグ 人気投稿

次に、ハッシュタグ(#)を利用して人気投稿に入ることができた時に広告効果について解説していきます。

基本的に、人気投稿に入った時の広告効果というものは、下記の計算式で求められることになります。

「該当するハッシュタグの1日あたりの検索数」×「人気投稿の継続日数」

では、この計算式を詳しく見ていきましょう。

【該当するハッシュタグの検索数とは】

ハッシュタグの検索数は、Instagram上で非公開なので正確な数値をこちらで把握することはできません。

ですが、おおよそ下記の2点の影響が強いと考えるべきでしょう。

  1. 投稿数
  2. ユーザー検索のトレンド

✔︎投稿数
「該当するハッシュタグの検索数」は把握することは出来ませんが、「該当するハッシュタグがついている写真の投稿数」は検索することが可能です。

最初に例にあげた「#恵比寿ランチ」の場合、投稿数は10,619件と記載がありますよね。

この投稿数が多ければ多いほど、検索数も比例して多いハッシュタグだということが考えられます。

なぜかというと、Instagramでは投稿された写真のハッシュタグを押すすることで検索することが可能になるからです。

つまり、該当するハッシュタグがついている写真が投稿された枚数が多ければ多いほど、そのハッシュタグが押される回数も必然的に増え、その結果としてハッシュタグの検索回数が増加するということです。

 
✔︎ユーザー検索のトレンド
今、InstagramのユーザーがGoogleやYahoo!などの検索エンジンを使わずに、Instagramで検索することが一般的になっているジャンルのハッシュタグは、投稿数以上に検索されている可能性が高いです。

例えばオシャレなレストランやカフェなどをInstagram上で検索するという行為は、若い女性を中心にごく普通のことになりつつありますよね。

その為、「#代官山カフェ」「#オシャレカフェ」や「#渋谷レストラン」などのハッシュタグは検索量が多いのではないかと予想されます。

また、旅行先をInstagramで探すということも一般化しており、「#インスタ映えスポット」「#○○(地名)の絶景」などのインスタ映えするフォトジェニックな旅先を探すハッシュタグや、有名地では地名検索されることも多くなっています。

この2つような条件に当てはまる、検索量が膨大なハッシュタグで人気投稿を獲得した場合には、大きな広告効果が生まれるのです。

 

【人気投稿の継続日数とは?】

人気投稿はInstagram内部のアルゴリズム(アップデートされるシステム)により、その時々で入れ替わります。

例えば1日に何十万回と検索されるハッシュタグの人気投稿に入れたとしても、人気投稿に入っている時間が数分で終わってしまえば数百人程度にしか見てもらうことができません。

逆に1日に数百回しか検索されないハッシュタグの人気投稿であったとしても、何週間も継続して人気投稿に入り続けられた場合、何千人の人に自分の投稿を見てもらうことが出来ますよね。

基本的には、投稿数の多いハッシュタグであればあるほど、人気投稿の移り変わりの頻度が激しい傾向があるので、その見極めが大切です。

 

ハッシュタグの選び方は?またハッシュタグ検索で人気投稿に入る方法を解説

Instagram ハッシュタグ 人気投稿

これまでは、ハッシュタグにおいて人気投稿にはいることによってどのような効果があるのかについて解説してきました。

そしてここからは人気投稿のアルゴリズム、人気投稿に入るための方法についてを解説していきます。

ですが、まず始めに知っておいていただきたいことは「人気投稿のアルゴリズムや人気投稿に入るための方法をInstagramは公式で一切公開していない」という点です。

ですのでここで解説していくハッシュタグのアルゴリズムや人気投稿に入るための方法はあくまでも、魅力JAPAN独自の調査・その他メディアの記事から推測しているものになります。

こちらをご理解いただいた上で、読み進めてください。

 

【自社のターゲットにあったハッシュタグ選定をする】

まず1番最初に意識しなければならないのは、自社のターゲット層をきちんと把握し、自社のターゲットにあったハッシュタグを選定するということです。

「いいね!」や「フォロワー」を増やすことはもちろん大切なのですが、自社のファンや新規の潜在顧客に対して自社の商品やサービスをアプローチすることがInstagram運用の目的であるということを忘れてはいけません。

例えばですが、あなたが「日本国内で製造・国内製造を売りに販売している女性向けオーガニック食品ブランド」のInstagram企業アカウントの運用担当者だったとします。

この場合、「#organic」というハッシュタグで人気投稿を取ることを1番に考えてはいけません。

「#オーガニック」「#健康食品」「#国内製造食品」「#ヘルスケア」などのハッシュタグで人気投稿にはいることをまずは考えるべきでしょう。

また、「#オーガニック」と「#organic」はどちらを選ぶべきなのでしょうか?

「#オーガニック」は日本人だけが使う、日本語のハッシュタグであるのに対して、「#organic」は世界中の人が使っている世界共通後のハッシュタグです。

当然「#organic」を選ぶ方がが1日あたりの検索回数が多いと考えるのは普通ですが、もし自社のビジネスが日本国内に限定していて「国内製造で安心なオーガニック食品を購入したい」と考えている日本人にアプローチしたい場合、英語のハッシュタグを使う必要はないかと考えます。

とはいえ、「#organic」を利用する日本人も、少数ではありますがもちろんいるので、両方つけるという方法でもOKです。

Instagramの投稿で1回の投稿につけることができるハッシュタグの数は30個までなので、他につけるハッシュタグとの調和性や個数などを見て決めるようにしましょう。

 

【「いいね!」の数は人気投稿に入れるかどうかの鍵】

人気投稿に入るためには「いいね!」の数がとても大きく影響することがわかってきています。

実際に、魅力JAPANの調査に加え、その影響を裏付けるような情報は他社のメディアでも複数公開されています。

まずは、自社が狙いたいハッシュタグの人気投稿の「平均いいね数」と、「最低いいね数」をチェックしてみてください。

ここで、アカウントの平均の「いいね!」数が自社の狙うハッシュタグの人気投稿の「最低いいね数」よりも少ない場合には、そのハッシュタグで人気投稿を獲得することは難しいと考えましょう。

わかりやすく例えるならば、下記ようなイメージになります。

  • 自社アカウントの平均いいね数=自社の攻撃力
  • 現在人気投稿に入っている写真の最低いいね数=競合の防御力

こちらのイメージを持っていただけたらわかるかと思いますが、自社のいいね数を上回っている競合を上回ることは限りなく難しいのです。

 

【人気投稿に入る条件と人気投稿に残る条件は違う】

例えば、自社の顧客ターゲットに合った検索ボリュームの大きいハッシュタグの人気投稿に入ることができたとします。

ところが、先ほど解説したように、Instagramの人気投稿の広告効果は下記の式で計算します。

「該当するハッシュタグの1日あたりの検索数」×「人気投稿の継続日数」

つまり人気投稿に入るだけではなく、人気投稿に入るよう継続していくこともとても大切だということです。

ということは、単純にInstagramの投稿を継続してたくさんの「いいね」することができればずっと人気投稿に残ることは可能だと思いますか?

一見そのように考えがちですが、実はそうではありません。

「いいね!」をたくさん獲得できたとしても、一瞬人気投稿に入れるものの、1日後〜数日後には人気投稿から外れてしまうケースが多いのです。

では、「人気投稿に残る」ためにはどのような条件が必要になってくるのでしょうか?

Instagramの公式でも公表してありますがInstagramでは、ユーザーの興味を引きそうなものを優先的に表示されます。

どういった優先順順位でその投稿を表示するかは、Instagram内部のアルゴリズムが決めているということですね。

最近どのくらいシェアされている投稿なのか?また、該当する投稿をシェアしたユーザーとの関係性、あなたの投稿に関連するユーザーが興味を持ちそうかどうか?など様々な基準に基づいて優先順位が変わってきます。

また、各ユーザーごとに、関心を持ちそうな投稿はタイムライン(フィード)の上位に表示されます。

ですのでこのInstagram内のアルゴリズムの設計を考えてみると、「該当するハッシュタグで検索したユーザーがさらに関心を持ちそうな投稿・興味を引いてタップしてもらえるような投稿を人気投稿として表示している」のではないかと考えられます。

ここで大切になってくるのは、その投稿に「いいね!」をつけているユーザーの多くはすでにその対象になっている写真を投稿しているユーザーのフォロワーであり、タイムライン(フィード)から「いいね!」を押している場合がほとんどなので、「そのハッシュタグで検索したユーザーにとって有益な投稿かどうか?」は別になるということです。

ということは、ここから推測すると人気投稿に残り続けるためには獲得している「いいね!」の数よりも、そのハッシュタグで検索して投稿を見たユーザーにとって有益なコンテンツであるかどうかを基準に判断して良いと考えで良いでしょう。

具体的には、ハッシュタグ検索で投稿を見たユーザーが下記のような行動にうつっている投稿をInstagramのアルゴリズムが有益なコンテンるであると判断し、人気投稿を維持される仕組みだと考えられます。

  • 投稿のタップ(詳細表示)
  • 投稿への「いいね!」
  • 投稿へのコメント
  • 投稿者をフォロー
  • 投稿者のプロフィールページへ移動

つまり、自分の運用するアカウントの「フォロワー」や「平均いいね数」が多いからといって、なんとなく検索回数の多いハッシュタグの人気投稿を狙っていても、それは無意味であるということです。

Instagramを企業でビジネス運営していく上では、やはりきちんとした戦略を持って人気投稿に掲載され、継続的に掲載されるよう心掛けましょう。

Instagramの人気投稿を狙う際に1番に考えるべきことは「そのハッシュタグで検索するユーザーにとって有益なコンテンツであるか」ということです。

まずはそのことを意識してハッシュタグを選んでいく必要があります。

 

まとめ:企業アカウントがビジネス利用する際のハッシュタグの選び方

インスタグラム ハッシュタグ

いかがでしたでしょうか?

本記事では企業アカウントがビジネス利用する際のハッシュタグの選び方に関してを解説や、魅力JAPAN独自の考察や見解を説明してきました。

ここまでの内容から導き出される結論はとてもシンプルで、Instagramで企業アカウントを運用する時に1番考えておかないといけないことは、自社の商品やサービスのターゲットにとって有益なコンテンツを作成して、PDCAをしっかり回し投稿し続けることです。

そのためには本記事でご紹介してきたように、自社のアカウントにとって有益となるハッシュタグを選定していく必要がありますし、人気投稿に入れ継続的に掲載されるように工夫していく必要があります。

また、SEOという言葉をご存知でしょうか?

SEOとは「Search Engine Optimization」の略語で、「検索エンジン最適化」という意味を持っています。

一般的には、GoogleやYahoo!などの検索エンジンでの検索結果に上位表示させるための工夫のことです。

この検索エンジンの「SEO対策」においても、ユーザーにとってしっかりとした有益なコンテンツを届けるべきという考え方があります。(具体的なSEOの上がり方などは公式に発表されていないので正確な答えはわかりません。)

Instagramには、TwitterやFacebookなど他のSNSにはある「シェア」や「RT(リツイート)」の機能が実装されていないので、検索流入はとても貴重なのです。

そのためInstagramのコンテンツ投稿においても「SEO」を意識することはは非常に大切です。

Instagram内のアルゴリズムの変動をある程度理解した上でアカウント運用していくことはとても大切ですが、それを踏まえた上で、結論として「自社の商品やサービスのターゲットに合った有益なコンテンツ作りを心がけ、アカウント運用を継続的に行う努力をする」ことが1番重要であると考えます。

関連記事:InstagramでSEOを意識するべき理由と注意点を解説
関連記事:【リポストアプリ不使用】Instagramの写真投稿をシェアする方法

本メディア「魅力ジャパン」を運営するLIVER株式会社では、InstagramによるSEOを意識した運用方法、人気インスタグラマーやユーチューバーを起用した店舗の紹介やキャンペーン拡散などお力添えできることが多数ございますので、お気軽にご相談ください。