インフルエンサーへの依頼方法と料金相場はどのくらい?【魅力的なPR成功事例】

SNSでフォロワー(ファン)を多く抱えるインフルエンサーに自社の商品のPRを依頼(キャスティング)し、自社のマーケティング活動を行う「インフルエンサーマーケティング」が、いま多くの企業のWeb担当者の間で大きな注目を集めていますが、インフルエンサーをどのようにして活用すればいいのか、依頼方法や費用についての情報を探している企業のWeb担当者の方もたくさんいるのではのではないでしょうか?

そこで今回の記事は、インフルエンサーへ自社商品やサービス内容のPRを依頼するときにかかる費用の料金相場や、依頼時に注意しておくべきポイント、そしてインスタグラムで特に人気のある3つのジャンルの「ファッション」、「グルメ・スイーツ」、「美容関係」といったインフルエンサーマーケティングを使った成功事例をいくつか紹介していこうと思います。

インフルエンサーマーケティングについての詳細に関しては別の記事にて詳しく解説していますので、ご一緒に参考にしてみてください。

関連:【インフルエンサーマーケティングとは?】初心者でも5分で理解できるよう解説します

 

もくじ

インフルエンサーマーケティングとは?

まず、インフルエンサーマーケティングとはなんなのか、簡単に説明しておきます。

《インフルエンサーマーケティングの特徴》

インフルエンサーマーケティングとは?

Instagram、YouTube、TikTokなど主にSNS上でフォローワー(ファン)数が数万人〜数中万人でたくさんのフォローワー(ファン)を抱える「インフルエンサー」に自社商品やサービスを宣伝してもらい、口コミ効果や商品のPR効果を生むマーケティング手法の一つです。

従来のテレビCMや新聞の折り込みチラシのようなマスマーケティングに比べて

  • 宣伝したいターゲットを狙いやすい
  • SNSでの口コミによる拡散が期待できる
  • SNSを通じでのPRなので広告とわかりにくく、受け入れられやすい
  • データを取得できるのでそのくらいの効果があるのかわかりやすい

といった特徴があります。

コスメなどの美容関係やファッションなど、得意しているジャンルが専門性が高いインフルエンサーによる言葉はターゲットにより大きな影響を与えることができるので、大きく注目されています。

 

《インフルエンサーマーケティングの施策の種類》

インフルエンサーへ依頼する施策内容としては大きく分けて3つのタイプになります。

●商品ギフティング型

PRを依頼したインフルエンサーへお願いした自社商品を提供し実際に体験してもらった後にSNSに使ってみた感想などをを投稿してもらう手法になります。

企業からインフルエンサーへ商品を提供するために送付する必要がありますが、やりとりのほとんどがメールなどのオンライン上で完結するので、企業とインフルんさーの双方にとってもに気楽な方法といえます。

一番ポピュラーなインフルエンサーマーケティングになります。

 

●現地訪問型

店舗、イベント会場、観光地などへインフルエンサーに来てもらい、PRしたい製品やサービスを直接体験してもらう手法になります。

PRを依頼したインフルエンサーに現地まで訪問してもらうため、インフルエンサーの交通費、場合によっては宿泊費などが発生するため、PRにかかるコストは商品ギフティング型に比べるとこちらの負担するコストは高めになります。

しかし、現地にきていただき実際にPR商品やサービスを体験してもらうことでより信憑性の高い影響力を与えられるため、効果は大きいものになります。
 

●企画・コンサルティング型

自社製品開発やイベントを企画する際、インフルエンサーに監修役を依頼する方法です。

よくあるものが、新メニュー開発、サプリメント系、ファッションデザインなど、最新のトレンドや影響力のおおきなインフルエンサーのネームバリューを取り入れることで信頼性もたかまる宣伝をうつことができます。

またインフルエンサーから自社製品やサービスに対してのフィードバックをもらうことで、さらに話題性を高める可能性が高まるのも大きなメリットになります。

 

インフルエンサーマーケティングにかかる費用と相場

実際にインフルエンサーへ自社製品のPRやサービスの宣伝を依頼した費用・料金はどのぐらいかかるのか、紹介していきます。

《インフルエンサーマーケティングの費用は「フォロワー単価」で算出》

インフルエンサーマーケティングにかかる費用の算出法はインフルエンサーによったり企業によって変わってきますので、一概にこれと言えるものはありませんが、「フォロワー単価」を使って金額を算出している企業が多い印象です。

フォロー単価とは?

インフルエンサーがSNSで抱えるフォロワー1人あたりの金額で、フォロワー単価と総フォロワー数により費用を算出します。

例)
・フォローワー単価:2円
・インフルエンサーのフォローワー数:5万人
の場合のかかる費用は

フォロワー単価×フォロワー数
=2円×5万人
=10万円

となります。

インフルエンサーによって影響力が違うのでそれにともなって比例して大きく費用も大きくなるという仕組みです。
また、インフルエンサー数名に依頼するのであれば、PRを依頼するインフルエンサー数名のフォロワー数をすべて合計したものにフォロワー単価をかけると総費用が計算できます。

 

《インフルエンサーマーケティングにおいてのフォロワー単価の相場は?》

インフルエンサーマーケティングにおいてのフォロワー単価の相場は「2円~4円」と言われています。
具体的にフォロワー単価を公表しているインフルエンサーマーケティング会社はあまりありません。

あくまで参考値ですが、1フォロワー単価「2円~4円」という相場が多いです。また、フォロワー数通常のインフルエンサーと比べても特に多いインフルエンサーや、人気インフルエンサーに依頼する場合には、一般的なインフルエンサーに依頼する場合よりもフォロー単価は高くなります。

 

《インフルエンサーに依頼するときには、どのくらいの費用を見込んでおけばよいのか?》

インフルエンサーへ依頼するときの費用に関して、企業ごとに宣伝の費用の予算などもあると思いますので、一概にこのくらいの値段を見込んでおいてくださいとは言えませんが、PR効果を実感するにはフォロワー数が50万人程度のインフルエンサーに依頼することでより効果を実感することができると思います。

魅力ジャパンを運営しているLIVER株式会社においても商品をPRするイ人気インスタグラマーやユーチューバーを起用した店舗の紹介やキャンペーン拡散などお力添えできますので、お気軽にご相談ください。
もしご興味がありましたら以下のページに詳細が書いてありますので、あわせてご覧ください。

 

インフルエンサーに依頼する方法それぞれのメリット・デメリット

インフルエンサーマーケティングに限ったことではありませんが、自社とインフルエンサーの間に仲介業者が増えるほど細々した費用が重なり金額的にも費用が増えていきます。インフルエンサーマーケティングを依頼する方法を紹介していきます。

 

《方法1. インフルエンサーにSNSなどを通じて直接依頼する》

自社でSNSのDM機能などを使い、直接インフルエンサーに依頼する場合は中間業者がいないため、コスト的には抑えることができます。

デメリット
自社で最適なインフルエンサーの選定、費用の交渉、マネジメント、投稿内容チェック、投稿後のデータ分析などすべての作業を自社で行う必要があるので、人手と手間がかかってしまします。

 

《方法2. インフルエンサーマッチングサイトを活用する》

インフルエンサーマッチングサイトのでは高性能ツールを使い自社にとって一番効果の得られる高いインフルエンサーの選定と連絡、ダッシュボードでのインフルエンサー管理、投稿後のデータ分析などをすることができます。

デメリット
インフルエンサーの選定と管理、施策スケジュール管理や商品の発送、効果分析などを基本的に自社で行っていく必要があるため必要があるため、人材選定やデータ分析に関してのノウハウがある程度必要になります。

また、インフルエンサーマッチングサイト定額の利用手数料が発生します。さらに、インフルエンサーによってはディレクション費用が発生する場合もあるので注意が必要です。
 

《方法3. インフルエンサーマーケティング・キャスティング会社に紹介してもらう》

インフルエンサーの性質(フォロワー属性、性格、どんなジャンルに強いのかなど)やマーケティング施策について熟知したプロが最適なインフルエンサーの選定してとマネジメント、施策の実施、PR投稿後のデータ分析をしてくれます。

ですので、インフルエンサーマーケティングについてのノウハウが全くないが試してみたい、過去に他の方法でインフルエンサーマーケティングをしてみたものの効果をあまり実感できなかた企業やより確実に効果を実感したい企業にがおすすめです。

デメリット
仲介の業者が入るためコストが割高になる可能性がある、予め予算を組んでおきそれに合ったインフルエンサーを紹介してもらいましょう。

インフルエンサーマーケティングの依頼する時のポイント

インフルエンサーマーケティングを取り入れて成功している企業事例を参考にしてインフルエンサーマーケティングを試してみたものの思うような結果に繋がらなかった・・・。という企業も少なくありません。

もちろんインフルエンサーマーケティングを取り入れることで100%結果につながるというわけではありませんが、取組を成功させるためのインフルエンサーへ依頼する際に意識しておいた方がいいポイントを紹介ていきます。

《1. 依頼するインフルエンサーと自社のマッチング度を確認》

依頼をしたいインフルエンサーのこれまでの投稿写真や動画の品質は高いか、自社ブランド、自社商品の世界観とインフルエンサーの世界観ははマッチしているか、しっかりと確認しましょう。

そして、自社の製品やサービスをPRしたいターゲット属性と、起用したいインフルエンサーのフォロワー属性も商品の印象にマッチしているかも忘れないように調べます。

自社の商品がコスメで女性をターゲットとしているので人気のある女性インフルエンサーにPRを依頼したけれど、実は男性ファンが多かったということになってしまっては狙っているターゲットに効果的に製品の情報を届けることができません。むしろ、ターゲットに届きませんね。

さらに、最近ではインフルエンサーの「フォロワー買い」も深刻な問題になっています。
フォロワー買いとは、SNSユーザーからのフォローを金銭により購入することができるようになっており、中身のないフォロワーがいるのでマーケティング効果が低く全く効果にならないケースも増えてきています。

インフルエンサー選びでフォロワー数の多さだけを見てインフルエンサーに依頼しても、深くターゲットに狙ったターゲットに刺さるPRはできませんので注意が必要です。

 

《2. PRの内容は丁寧ににすり合せし、インフルエンサーを信頼する》

PRの内容はインフルエンサーと事前にすり合わせをしておきましょう。インフルエンサーに投げっぱなしになったり、途中で大きな変更や追加をすることはインフルエンサーにとって大きな負担となるとともにビジネスパートナーとしての関係性の悪化につながるため、ビジネスパートナーとして対等な関係で接することが大切です。

また、多額の予算をかけてインフルエンサーへPRを依頼するとなると、「商品を全面的に褒めて欲しい」「見せ方はこんな感じにしてほしい」など、自社が望んでいる要望を押し付けがちになってしまします。

しかし、インフルエンサーは「SNSの活用」をし写真や動画を投稿するプロフェッショナルです。インスタグラムでの打ち出しかたや、またフォロワー(ファン)が反応しやすい投稿やアプローチはを企業よりも理解しています。

そのため、自社の要望を押し付けるばかりでなく、インフルエンサーを信用することも大事なことです。

自社が望む見せ方を押し付けるあまり、インスタグラムの投稿に対していいね!やコメントが伸びない、なんてことになってしまうと、せっかくのPRが無駄になってしまいましからね・・・。

 

《3. 投稿のネタを提供することで、インフルエンサーのひらめきを促進させる》

インフルエンサーのSNSの活用力、PR力を信頼するにあたり、企業がすべきことがあります。それは、インフルエンサーが喜んでインスタグラムに投稿したくなるような “ネタ” を提供することです。

具体的には、インフルエンサーのフォロワー(ファン)が投稿をみた時に思わず反応したくなるようなオリジナルの商品やブランド力がネタにあたります。

ネタを提供することでインフルエンサーの方々が「こういう見せ方をするとフォロワーが反応してくれるな」と思ってくれるようになるためより効果的なPRにつながります。

 

《4. インスタグラムの投稿だけでなく、他にもターゲットを狙えそうな広告媒体への露出も行う》

広告費にかけることができる予算との兼ね合いもありますが、同じターゲットが狙えそうな複数のインフルエンサーを起用したり、雑誌などの狙うターゲット層が集まるメディアへも記事広告を出稿するなど、インスタグラムだけでなく戦略的な話題づくりを心がけることも大切です。

実は、インスタグラムでは投稿の内容にURLを貼り付けることができないためです。

また、投稿から時間が経ちタイムライン上から投稿が流れてしまったら、PRの投稿を見てもらえる機会は減ってしまいます。そのため、インスタグラムでの1回のPR投稿だけでは成果ががすぐに出にくい特性もあります。

そこでPR用のハッシュタグを用意してキャンペーンとして打ち出したり、複数人のインフルエンサーに依頼し時期をずらして投稿してしてユーザーのタイムラインに何度も自社のPR投稿が表示されるようにするなど、長期的な宣伝効果を得ることができる方法もあります。

 

《5. データの分析を行い、継続的に効果を高める》

インフルエンサーに依頼して自社製品やサービスをPRしてもらうなら、データ分析は必ず行いましょう。
PRしてもらって効果が出るのを待っているのではダメです。

自社SNSアカウントのフォロワー数が増えたのか、自社ECサイトへの遷移数が増えたのか、売上にはつながっているのか、詳しくデータ分析することで、たとえ結果が出なかったとしても次回施策のヒントを得ることができます。

インスタグラムには投稿に対してのデータを見ることができる「Instagramインサイト」という機能がありますので、PR投稿を行った後にインフルエンサーから提出してもらい分析することもできます。

 

《6. ステルスマーケティングにならないようインフルエンサーとの関係性つくる》

商品を提供、報酬の発生など、インフルエンサーが対価を得てインスタグラムに投稿する場合には、広告であることが明確にわかる投稿を行いましょう。

もし広告であるにも関わらず、広告ではないかのように見せてしまうと、ステルスマーケティングとして炎上したり、景品表示法違反となってしまう場合があるので気をつけておきましょう。

そのため、インフルエンサーに投稿してもらう際には自社との関係性を明示してもらい、「#PR」といったハッシュタグなど、広告であることを明確にしてもらうことを忘れないようにしましょう。

 

インフルエンサーを起用した成功事例

ここからはインフルエンサーマーケティングを取り入れ大きなの広告効果を得た成功事例を紹介していきます。

今回紹介していく事例は、インスタグラムの中でも特に人気のファッション、美容、スイーツの3ジャンルから

「#PR」のハッシュタグが付けられている
いいね!数は1000以上の投稿
を選定する基準にしてと紹介します。また、投稿に記載のあるハッシュタグから企業名及び施設名を記載しています。

【関連記事】【メリット・デメリット】自社でインスタグラマーをキャスティングする際の3つの方法
 

【関連記事】インスタグラマーをスカウトして自社商品を宣伝する方法と注意点は?

《ファッション|フォローワーから絶大な憧れをもたれているファッションリーダーを起用し成功した事例》

UNIQLO×藤井 明子さん【1,678いいね!】

View this post on Instagram

先日、@uniqlo さんのブラトップの撮影に参加させていただきました。 ブラトップは締め付けないのにフィット感があって、安心安定の着心地の良さ! しかも、冬は毎日上下装備するヒートテックに付いちゃってるとか、もはや年中ブラジャーがいらない予感← 安定のフィット感とUネックだったり8分袖だったり、楽チンな上に服の邪魔をしないのも毎日着ちゃう理由のひとつ♡ #ヒートテックは皮膚です #タンス一段ヒートテック #ブラトップの進化半端ない #もうブラいらない #いや元々いらないと思ってた← #平たい前面族 #ブラトップ姿を世に晒す日が来るとは #秋冬もブラトップ #BRATOPlovers #ヒートテックUネックT #PR

A post shared by 藤井明子 (@fujiko0207) on


藤井明子さんはアラフォーモデルとは思えないぐらいの容姿、スタイルでママさん世代から人気のインフルエンサーです。

ユニクロのブラトップという、「インスタ映え」とは程遠いイメージですし、一般人がインスタグラムに投稿するには難易度はやや高めの商品も、流石の写真テクニックですね!洋服をきれいに魅せる表現しています。
 

ポール・スミス × 横田ひかるさん【8,951いいね!】


ファッションモデルの横田ひかるさんです。インスタグラムでのフォロワー数が31万人を超えており、同年代の20代の女性からの多くの支持を集めています。

こちらの事例は、ポール・スミス六本木店のイベントをPRして投稿されているものになります。ターゲットにしている若い女性の憧れであるインフルエンサーの横田ひかるさんを起用することでブランドに対しての憧れを持ってもらうとともに魅力的にPRすることに成功し、たくさんのいいね!をもらうことができています。
自社商材とインフルエンサーのイメージがマッチしていることで、PRをさらに効果的に行うことがでその効果も期待できます。

 

《美容関係|美を武器に活躍しているインフルエンサーを起用して成功した事例》

Dior×古川貴絵【6,741いいね!】


古川貴絵さんは10~20代の女性がターゲットの雑誌、ViViの公認インフルエンサーである古川貴絵さんのPR投稿です。

普段からコーディネートの投稿から「そのアイテムはどこで買ってますか?」というコメントなどがに殺到している古川さんです。言うまでもなく、ファッション以外でもコスメの投稿をすると彼女に憧れを持っているフォロワー(ファン)からの注目が一気に集まります。

こちらPRしているのDiorの香水はまだ発売日前であるにも関わらず、いいね!が7000件近く集まっていて、発売前に商品の認知度UPをすることで購入に促すことができています。

 

ETUDE HOUSE × らてりかこさん【1,827いいね!】


古着屋『サントニブンノイチ』の大阪店スタッフです、らてりかこさん。ロングの黒髪と個性的な雰囲気やメイクで、多くのファンを魅了しています。

こちらは、てりかこさんと韓国コスメである『ETUDE HOUSE』がコラボした1枚。

らてりかこさんのポイントである個性的な雰囲気は残しつつ、上手に『ETUDE HOUSE』のPRを盛り込むことができていますね。コメント欄をみてわかるように「可愛い」といったコメントが多数寄せられており、フォローワーの興味をひくことに成功しています、

 

《グルメ・スイーツ|食べ物の投稿に特化し「デリスタグラマー」を起用して成功した事例》

※デリスタグラマーとは、「インスタ映え」する美味しそうなフードやスイーツを中心に投稿しているインスタグラマーのこと。

バリラジャパン×Rieさん【1,311いいね!】

View this post on Instagram

いやいやいや、今日は寒いですねぇ💦こんな寒い日はあったかメニューが食べたいですよね😌 こちらはバリラジャパン様よりいただいたラザニエとトマトソースを使ったいつかのあったかランチ🍴 ・ バリラといえばイタリアNo.1のパスタメーカー。このラザニエは100%イタリア産、契約農家栽培の高品質なデュラム小麦を使っているんですって。 ・ そして!なんと下茹で不要!乾燥の状態のままソースと重ねていくだけで、ソースの水分を吸って自然と柔らかくなります。あとはオーブンに入れるだけ〜👍 茹でる手間がかからないので、かなりの時短もうれしい😆 ・ そしてトマトソース🍅は、化学調味料や保存料無添加。おいしくて安全安心。 ・ 手軽に本格的なラザニアが出来上がって感動しました〜✨ これからのホームパーティシーズンにオススメの商品です! ・ #イタリアン#お家ごはん#ラザニア#簡単料理#バリラ#パスタ#料理好きな人と繋がりたい#ホームパーティー#今日のごはん#時短レシピ#クリスマスメニュー#大皿料理#お手軽料理#ラザニエ#オーブン料理#staub#ストウ部#おうちごはん#秋のおいしい冒険 #igersjp #デリスタグラマー#pasta#lasagna#lunch#dinner #wine#ランチ#ディナー #バリラ_PR

A post shared by Rie (@rietty1211) on


「おうちごはん」の投稿で人気を集めているデリスタグラマー、Rieさんの投稿の特徴はなんといっても見ているだけでお腹が空きそうなおうちごはんと手作りのおやつ写真が魅力的ですね。

バリラジャパンのPR投稿でも、商品が最も生かされるような配置での撮影し、美味しそうなラザニアを作って投稿しています。さらに、忙しい主婦なら誰もが気になるであろう「時短調理」にも狙いをおくことで、時短の便利さに驚く声がコメント欄にたくさん寄せられており、商品の魅力を最大限にを発信することに成功しています。

Reiさんはコメント欄でもフォロワーに対し調理のコツをアドバイスしているため、フォローワーさんとの間でも深い関係ができているため、料理をするフォロワーに影響を与えること間違いなしです。

 

阪急うめだ本店×きょん。さん【4,101いいね!】


きょん。さんはカフェスイーツに特化しているデリスタグラマーである「きょん。」さんは、フリーランスで活動しているフォトグラファーとして活躍しているだけあってインスタの投稿も統一感がありおしゃれな構図で撮影されたスイーツで統一されており、スイーツやカフェ巡りが好きな女性からの多くの支持を集めています。

そんなきょん。さんがPRしたのは阪急うめだ本店で阪急バレンタインチョコレート博覧会で販売していた「たい焼きソフト」。普段の投稿とは少し異なりますが、白背景にたい焼きソフトを真ん中にもってくるというシンプルな画像にすることで投稿一覧の中でも目を引く投稿になっています。

さらに、この投稿には阪急バレンタインチョコレート博覧会のイベント特設アカウントのタグ付けもされており、きょん。さんの投稿をきっかけにイベントが開催されていることを知ったユーザーがイベント特設アカウントへアクセスできるようになっています。

投稿からわずか2日間でいいね!数は4000を突破しており、「行ってみます!」と言うコメントもきており投稿の効果は期待できます。

 

大丸・松坂屋×mikuさん【4,868いいね!】


上記の事例と同様、バレンタインチョコのPRになりますが、世界観が全く違うのがわかります。同じスイーツに特化したデリスタグラマーでも、一人一人の投稿のスタイルが違うことで商品の見せ方、フォローワーの捉え方も変わってきます。

mikuさんはプロフィール欄に「パンとうつわとおうちカフェ、チョコレートを愛する食いしんぼう」と書かれている通り、普段はこだわったお皿にのせた美味しそうなパンの投稿が特徴のデリスタグラマーになります。

こちらのPRでは、紹介するチョコレートによって画像の色合いや小物、お皿のテイストまでも変えており、PR投稿とは思えないほどの高いクオリティに仕上がっています。

中でもこの投稿は最も反響の大きかったチョコレート紹介です。写真全体のイメージ、色味が絶妙なバランスを実現しており主役であるチョコレートを目を引くように引き立たせられています。

mikuさんの写真のセンスが発揮された事例といえるでしょう。
 

まとめ

インフルエンサーへ依頼する方法・依頼時に注意しておきべきするべきポイント、インフルエンサーマーケティングの成功事例についてそれぞれ紹介してきましたがいかがでしたでしょうか?

みていただいてわかったように、成功事例の投稿はどれも広告とわからないぐらいの投稿で、見る人にとっても広告と思わせることなく楽しいコンテンツとして成立しています。フォロワーが多いからただ商品写真を載せればいい、というわけではありません。

いかにインフルエンサーのフォロワーに楽しんでもらえるのか、興味をひくことができるのかを考えること、そしてそれを実現できるインフルエンサーに依頼することがインフルエンサーマーケティングを成功させる大きなポイントになります。

本記事が企業や個人のみなさんがインフルエンサーへ依頼する際の助けになってくれると嬉しいです。

魅力ジャパンを運営しているLIVER株式会社においても商品をPRするイ人気インスタグラマーやユーチューバーを起用した店舗の紹介やキャンペーン拡散などお力添えできますので、お気軽にご相談ください。
もしご興味がありましたら以下のページに詳細が書いてありますので、あわせてご覧ください。