新幹線を降りて歩いて行ける新大阪のビジネスホテル

旅先では、大きな荷物は預けて、

できるだけ身軽に動きたいもの。

新幹線で旅先に着いたら、

そのまま歩いて宿泊施設まで行けるのが理想的です。

 

そんな恵まれた立地にあるビジネスホテルが

「ヴィアイン新大阪ウエスト」

です。

 

おすすめのポイントは3つ。

「新大阪駅から歩いて行ける立地の良さ」

「JR西日本グループの安心感」

「コンパクトながら設備のそろった客室」

です。

 

「ヴィアイン」は、

JR西日本グループが国内に展開する

ビジネスホテルブランドです。

 

系列ホテルであれば、

一定のクオリティが担保されていて、

安心して宿泊できるのが魅力です。

 

なかでも、「ヴィアイン新大阪ウエスト」は、

東海道・山陽新幹線の

新大阪駅 から徒歩6分程に位置し、

大阪メトロ御堂筋線の改札にも近く、

大阪の移動拠点として、

どこへ行くにも便利な立地にあります。

 

なにより、

新幹線を降りたら、

歩いて宿泊施設まで行けるのが便利です。

 

2階のロビーです。ビジネスホテルにしては、

適度な広さと開放感があります。

 

11階の客室フロアです。

シングルルーム(12平米)の客室です。

ブラウンを基調とした内装は、

ヴィアイン系列の特徴の一つです。

 

シングルルーム(12平米)の客室です。

ブラウンを基調とした内装は、

ヴィアイン系列の特徴の一つです。

 

国際都市の大阪らしく、

邦人利用客より外国人利用客の方が多く見えます。

館内は、外国語表記が徹底されています。

 

ベッドは123cm幅のセミダブルサイズです。

米国サータ社製のマットレスが使用されています。

柔らかすぎない適度な反発が特徴です。

 

ちなみに、シングルAという客室では、

エアウィーヴの高級マットレス

が使用されているようです。

 

枕元には、照明、エアコンのスイッチや、

目覚まし時計、電話機などが置かれています。

 

ナイトウェアはワンピース型です。

 

横長のデスクは、

ノートパソコンや書類を

広げて作業できる広さがあり、

ビジネス利用に配慮されています。

館内では無料のWi-Fiが利用できます。

 

電気ケトルが常備されていて、

いつでもお湯が沸かせます。

 

テレビと冷蔵庫です。

冷蔵庫は中身が空で、

外から持ち込んだ飲み物の冷蔵用

に設置されています。

 

この他、

加湿機能付き空気清浄機も常備されています。

乾燥しやすい冬場も安心です。

 

バスルームは、

洗面台、トイレ、バスタブの一体型です。

 

シャンプーやコンディショナーは、

ポーラの業務用ブランドが備え付けのボトル

で用意されています。

 

使い捨てのアメニティは、

歯ブラシやヘアブラシなどが用意されています。

 

簡易クローゼットです。

ハンガーとブラシです。

 

バゲージラック、スリッパなど、

必要最低限の設備・備品はそろっています。

 

朝食は別料金で、

1階に併設されている

「和食処がんこ」で用意されます。

和食または洋食が選べます。

 

料金は税込880円、

営業時間は6時から9時半です。

 

このときのシングルルームの料金は、

平日の素泊まり、税サ込で6,500円でした。

 

新大阪駅から徒歩圏内の好立地でこの料金なら、

リーズナブルといえるでしょう。

 

お得な早割プランもあるので、

早めの予約がおすすめです。

ホテルの最寄り駅に新幹線が停まるおかげで、

大阪だけでなく、

京都や神戸に足を延ばす際にも

便利な拠点になります。

 

大阪を訪れる際は、

宿泊先の候補にしてみてはいかがでしょうか。

 


ヴィアイン新大阪ウエスト

住所:〒532-0003 大阪府大阪市淀川区宮原4-1-21

電話:06-6398-6111

このブログへのコメント

この記事の関連タグ