地元民が明かすちょっとマニアック?? 宮城の日の出スポット!!

日の出は一日の始まりを告げてくれる

とても暖かい現象です。

そして、朝日は不思議な活力を与えてくれます。

そんな、

日の出を見れる

宮城県のスポット

をご紹介致します。

 

南三陸町 神割崎

宮城の日の出スポットは松島しかないでしょう、

とお思いの方もいらっしゃることでしょう。

確かに松島湾に浮かぶ朝焼けは有名ですが、

それだけじゃあ無いんです。

神割崎にはこういった伝説が残っています。

 

“その昔、ここには長清水浜という村がありました。ある日、この浜に大クジラが打ち上げられました。しかし、隣の十三浜村との境がはっきりしていなかったため、クジラの取り合いから両村には争いが起こってしまいました。その夜、あろうことか岬がまっぷたつに割れ、クジラも2つに割られてしまいました。 両村の人々は神様が岬を割り、いさかいの仲裁をしたのであろうといって、以来この岩の割れ目が村境となったと伝えられており、今日も、南三陸町と石巻市との境界になっています。”

引用:南三陸観光協会公式HP

 

神割崎

神様が仲裁したであろう場所である。

この神割崎には真っ二つに割れた岬があります。

この岩の間から見える朝日はとても神々しく、

心を穏やかにしてくれます。

ただ、この岩の間から朝日が見れる時期

が決まっていて、

例年2月中旬と10月下旬頃に見られます。

 

所在地

〒986-0781

宮城県本吉郡南三陸町戸倉寺浜地内

料金:無料

駐車場:神割崎および周辺に数か所無料駐車場あり

トイレ:神割崎前に公衆トイレあり

キャンプ場が隣接

温水シャワーやコイン式洗濯機、

レストランを完備した施設

 

白石市 白石城

 

白石城は宮城県の最南端に位置する

白石市の象徴的建造物です。

片倉小十郎の居城として有名な場所です。

白石城では4月には白石城桜まつり、

10月には鬼小十郎まつりと

イベントが盛りだくさんです。

その中でも、

元旦に行われる天守閣から初日の出を拝む会

では絶景を拝むことができます。

当日は危険防止のために

入場制限を行う場合もあるそうですが、

天守閣から見る日の出は素晴らしいものです。

 

所在地

〒989-0251

宮城県白石市益岡町1-16(益岡公園内)

電話番号:0224-24-3030

料金:一般400円、子供200円

未就学児無料

(天守閣から初日の出を拝む会開催時のみ料金無料)

 

開館時間

4~10月 9:00~17:00、

11~3月 9:00~16:00

休館日:12月28日~12月31日まで

 

七ヶ浜町 菖蒲田海水浴場

(しょうぶたかいすいよくじょう)

 

7月中旬から8月中旬の海開きの季節に賑わう

宮城県七ヶ浜町にある海水浴場です。

遊泳期間は駐車場1200台

1日600円で利用できます。

しかし、18:00~翌8:00までは

閉鎖していますので注意が必要です。

海水浴で有名な菖蒲田海水浴場ですが、

鮮やかに、

そして爽やかに太平洋に浮かぶ朝日はとても魅力的です。

 

所在地

〒985-0811

七ヶ浜町菖蒲田浜字長砂

電話番号:022-357-7443 (七ヶ浜町観光協会)

駐車場:無料。

ただし、遊泳期間のみ有料。

 

気仙沼町 岩井埼

 

三陸復興国立公園の最南端にある

岩井崎から見る日の出も絶景です。

岩井崎には潮吹き岩。

 

別名:龍の松

 

と呼ばれる自然が作り出した一本の

龍の形に見える松が立っています。

この松は東日本大震災の時に

周辺の木々が津波によって流される中、

奇跡的に残った一本の松が龍の形をして

残ったと言われています。

その龍の松を照らすように昇る朝日は

さながら天に昇る龍を描いているように見えます。

 

所在地

〒988-0241

宮城県気仙沼市波路上岩井崎

駐車場:あり。80台

料金:無料

 

いかがでしたか?

あまり聞きなれない場所

もあったのではないでしょうか?

もし、宮城へ足を運ぶことがありましたら、

一度でいいので立ち寄ってみて下さい。

きっと、来年も再来年も訪れたくなりますよ。

んで、どうもねー!

(仙台弁でまた会いましょうの意味です)

このブログへのコメント

この記事の関連タグ