”いまさら”とは言わせない!?絶対味わっておくべき沖縄のグルメを復習!

 

沖縄といえば、日本国内でもとりわけ暑く、

南国のイメージのある県です。

 

フルーツやさとうきびなど、

南国由来のものについてはその情景とともに

イメージがわくという方も少なくあるませんが、

実際に沖縄料理を食べたことはあっても、

それがどのような料理のことを指すのか、

ということについては、

意外と知られていないものです。

 

沖縄料理はどのように作られ、

何を特徴としているのか、

この記事で再度復習をしてみましょう。

 

意外な沖縄のご当地グルメ!?

「タコス」

https://www.photo-ac.com/

 

タコスは、

もともとメキシコを代表する料理のひとつです。

 

日本では一部ファミリーレストランなどでメニュー展開されていますが、

実は意外とタコスという料理を扱っているお店は多くありません。

そんな中、

沖縄ではパーラー千里が沖縄のタコスの発祥といわれており、

トルティーヤにタコミートとトマト、

レタスにサルサソースという、

基本形にしてもっとも人気の高いタコスが提供されています。

 

トッピングメニューを自分で選ぶこともでき、

手軽に楽しめるファーストフードとしての地位を確立しつつあります。

 

本州の豚肉とは一味違う!

「アグー」

https://www.photo-ac.com/

 

「アグー」とは、

琉球方言で「シマウヮー」とも言う、

琉球在来の豚のことを指します。

 

沖縄ではアグーを使った料理がよく提供され、

家庭料理や飲食店のメニューでも取り入れられています。

 

アグーの特徴としては、

「臭みが少なく柔らかい」、

「脂肪分が多いのに、コレステロールは非常に少ない」

といったものがあります。

 

また、うまみ成分と言われる「グルタミン酸」をはじめとした

アミノ酸成分も多く含まれていることを特徴とします。

 

「そば」は「そば」でも沖縄そば

「ソーキそば」

https://www.photo-ac.com/

 

沖縄グルメとしての不動の地位を確立している「ソーキそば」は、

「ソーキ」と呼ばれる豚のあばら肉を加えた沖縄そばのことを指します。

沖縄そばは麺が中華麺を由来に持つ製法で作られており、

豚骨をベースとしたスープを利用するという

中華麺の特徴を持っていますが、

これにカツオ風味を加えられており、

「ラーメン」とは一線を画する料理です。

 

このような豚骨ベースのスープと、

具材として載せられた「ソーキ」、

そして麺と、

その他に具材とされる紅生姜やねぎなどと組み合わせて食べると

組み合わせも抜群の味わいを楽しめます。

 

沖縄グルメの定番?

「チャンプルー」

https://www.photo-ac.com/

 

沖縄の家庭料理として、

「ゴーヤーチャンプルー」を思い浮かべる方も多いでしょう。

 

「チャンプルー」とは、

基本的に野菜炒めのことをさします。

 

しかしながら、

沖縄県ならではの特徴として、

「島豆腐」を炒めものに入れていることも特徴であり、

また強い火力で短時間で作るものを指すと言われています。

 

ゴーヤーチャンプルーが最も一般的ですが、

キャベツを使った「タマナーチャンプルー」、

パパイヤと豚肉、人参を使った「パパヤーチャンプルー」

など様々なバリエーションがあります。

 

まとめ

https://www.photo-ac.com/

 

沖縄県のグルメは、

使っている食材そのものが特殊であるというよりは、

名前の響きから料理の内容がぱっと思い浮かばないことがある、

という意味で共通しているといえるでしょう。

 

しかし、その中でも本州ではあまり使われない「アグー」や

「島豆腐」「ゴーヤー」などの食材を積極的に取り入れていることも

特徴のひとつであるといえます。

 

沖縄を訪れる前に、

ぜひ沖縄料理についての理解を深め、

旅の味わいを高めてみてください。

 

このブログへのコメント