伊達政宗も!宮城県のおすすめ観光スポット

 

片目を覆う眼帯と、

斜めに輝く弦月形前立てという派手なビジュアルで人気のある

戦国大名”伊達政宗”の生地として知られている宮城県は、

東北地方の中でも観光旅行に人気のエリアです。

 

仙台には仙台空港があるため、

訪れた経験がある方は多いでしょうが、

もしかすると、

そのまま新幹線や電車などで移動してしまう、

「通過点」となってしまうこともあるかもしれません。

しかし、

宮城県内には様々な観光スポットがあります。

 

CGで再現された仙台城も!

「青葉城 本丸会館」

https://www.photo-ac.com/

 

青葉城 本丸会館は、

仙台市青葉区にある資料館・博物館を兼ねる施設です。

仙台市を見下ろす場所にある立地と、

お土産の販売所があり、

観光旅行で立ち寄るには最適の場所といえます。

 

また、敷地内には伊達政宗公の騎馬像があり、

名物のずんだ餅やかまぼこなども販売されています。

このほか、青葉城資料展示館では、

仙台城の歴史・資料などが閲覧できます。

 

なかでも、見どころはCG映像で復元された仙台城で、

外部からの観光客だけではなく、

県内の人々も楽しむことができる施設となっています。

 

・名称:青葉城 本丸会館
・住所:仙台市青葉区天守台青葉城址
・電話番号:022-222-0218
・サイトURL:https://honmarukaikan.com/

 

日本三景のひとつ、「松島」

https://www.photo-ac.com/

 

松島は、宮城県にある仙台湾の中央部に位置する湾です。

島々が点在する湾の光景は、

かつて伊達政宗のお気に入りの光景であったとも言われています。

 

松島は、

「日本三景」のひとつとされていますが、

それらの「三景」にそれぞれ「雪月花」として美しいものを当てるものですが、

この松島には「雪月花」のうち、

「月」が当てられます。

 

それほどの名月を眺めることができる、

「月見」の名所とされているのがこの松島です。

 

松島には、遊覧船も就航しており、

船上から島々を眺めることもできます。

 

・名称:松島
・住所:宮城県松島町松島字町内98-1
・電話番号:022-354-2618
・サイトURL:https://www.matsushima-kanko.com/

 

平安時代開創の国宝「瑞巌寺」

https://www.photo-ac.com/

 

瑞巌寺は、宮城郡松島町にある臨済宗のお寺です。

正式名称は「松島青龍山瑞巌円福禅寺」といいます。

もともとの開創は平安時代ともいわれており、

一度は鎌倉時代中期に滅したようですが、

その後、慶長5年に伊達政宗が造営を行い、

仙台のみならず東北の中でも随一の規模の仏閣となりました。

 

現存している本営・御成玄関、

庫裡・回廊は国宝に指定されており、

また御成門・中門・太鼓塀は

国の重要文化財の指定を受けています。

 

・名称:瑞巌寺
・住所:宮城県宮城郡松島町松島字町内91番地
・営業時間:開門時間:午前8時、閉門時間:午後3:30~午後5時(時期により異なる)
・電話番号:022-354-2023
・サイトURL:https://www.zuiganji.or.jp/index.html

 

蔵王の御釜

https://www.photo-ac.com/

 

「蔵王の御釜」は、

宮城県内の蔵王町と川崎町の間にある火口湖です。

別名を五色沼ともいい、

蔵王連峰中央部の高い標高の間にあります。

 

宮城県の名所として知られており、

周囲の山々に囲まれた湖水を「釜」

と例えているのが呼び名の由来です。

 

また、釜という名前の由来にはもう一つあり、

この周辺が火山地帯であることから、

水温が度々上昇していることもその由来といえます。

 

・名称:蔵王の御釜
・住所:宮城県刈田郡蔵王町遠刈田温泉倉石岳国有地内国有林内
・電話番号:0224-33-2215
・サイトURL:http://www.zao-machi.com/31

 

まとめ

https://www.photo-ac.com/

 

宮城県というと、

伊達政宗や牛タン、

ずんだ餅といったイメージが強いかもしれません。

 

ただ、宮城県を観光するということになると、

なかなか場所が思い浮かばないという方も少なくないでしょう。

 

この記事では、

宮城県の魅力的な観光スポットを取り上げてご紹介しました。

 

宮城県を旅行する機会には、

ぜひこれらのスポットを旅行計画に組み入れて、

楽しい宮城県旅行にしてみてください。

 

このブログへのコメント