博多駅から5分で京都みたいな街並みと大仏が見れる場所とは?

 

かつては商人の町いまは、

ショッピングやオフィスが立ち並ぶ博多ですが

昔ながらの旧博多街で静寂と文化を楽しむことができます。

 

祇園駅周辺に、

寺町といっていいほどたくさんの寺があるエリアがあります。

歴史好きにはもってこいの場所です。

拝観料などないので無料で楽しむことができます。

 

福岡は昔からアジアとのかかわりが深く、

中国や朝鮮の文化を取り入れてきました

現在もその恩恵を受けていることが多いです。

福岡では取り入れた文化を日本風にして広めていったりするのが多い気がします。

 

東長寺

806年に空海が唐から帰国して日本であ初めて建てたお寺ともいわれています。

名前の理由として真言密教が日本で広く広がるようにという意味を込め名前が付けられたと

いわれています。

福岡黒田藩の殿様が眠るお墓もこちらにあります。

 

 

ここには日本最大級の木造の福岡大仏があります。

台座を含めると10.8mと30トンの大きさで写真を取ることは

あいにく出来きません。

大仏様の体内をめぐることができる「地獄・極楽めぐり」という

地獄の絵が飾られており、暗闇の中を歩くと極楽の光を感じることができます

ちょっと暗闇を歩くのは怖いです(笑)

 

場所:福岡県福岡市博多区御供所町2-4

電話: 092-291-4459

拝観時間:9:00-17:00

拝観料:無料 福岡大仏は50円の拝観料が必要

 

承天寺

宋出身の貿易商の謝国明が創建し、数々の珍しいものが奉納されています。

博多の有名な山笠もここが発祥となってます

 

出典:じゃらん

 

宋から戻ってきた聖一国師が日本に戻ってきたときに仏教以外にも

うどん・蕎麦・羊羹・饅頭などがああります

また博多の商人の満田弥三右衛門が宋にわたり

広東織の技法を学び日本に持ち帰って来ました。

それが今の博多織のルーツ担ってきます。

 

一番の見どころは「洗濤庭(せんとうてい)」といわれる小石と岩で

水の動きあらわした枯山水庭園が広がってます。

拝観料なしで見れるのはここだけ!

 

場所:福岡県福岡市博多区博多駅前1-29-9

電話:092-431-3570

拝観時間:9:00~17:00

拝観料:無料

 

龍宮寺

日本昔話にでてくる竜宮城みたいな名前のお寺には

人魚の骨が祀られているといわれています。

その昔(鎌倉時代)、このお寺の周辺は海で

漁師の網に長さ147メートルの巨大な魚がつかまったといわれ

わざわざ都から使いが来るほどの大騒ぎだったといわれています。

 

SONY DSC

 

人魚に肉を食べると寿命が800年も伸びるともいわれていたので

食べそうになるも、

都から来た使者達が占いをすると

「国家長久の瑞兆」として縁起がいいとして手厚く埋葬されました。

現在も予約をすれば実際の骨を見ることができるのでぜひ行ってみて下さい

ちなみにこの地域の冷泉の名前は当時都からきや使者の名前から来ている見たいです!

場所:福岡県福岡市博多区冷泉町4-21

電話:092-291-1003

拝観時間:8:00~暗くなるまで

拝観料:無料

このブログへのコメント

この記事の関連タグ