車旅行でも楽しみがいっぱい!北海道の「道の駅」

 

道の駅は、

かつては長距離の移動をする際に休憩やトイレ、

軽食などをとる際に利用されてきた施設でした。

 

しかし近年では、

北海道は観光産業にも力を入れており、

北海道内の自治体はそれぞれ、

道の駅の駅の魅力をより高め、

地域の魅力を発信する場として道の駅を位置づけています。

 

観光スポットを兼ねている道の駅も多くなっており、

北海道の車旅行、

ドライブなどの際に活用できる魅力ある施設が数多くあるのです。

 

中でも特徴的な道の駅や魅力的な道の駅をご紹介しますので、

北海道旅行の際にぜひ参考としてみてください。

 

摩周湖観光と合わせて訪れたい!

「道の駅 摩周温泉」

https://www.photo-ac.com/

 

道の駅 摩周温泉は、

「霧の摩周」とも呼ばれる北海道の自然スポット

「摩周湖」から車で1時間ほどの距離にある道の駅です。

 

2011年に綺麗にリニューアルされ、

ドッグランや足湯といった施設も充実しました。

 

道東観光は、

車でも数時間単位を移動することも珍しくないため、

長距離運転の際の休憩スペースとしても活用できるほか、

観光情報を集めるための場所としても活用できます。

 

また、地場産牛乳を使用したジェラート、

道東のジビエメニューであるエゾシカバーガーも魅力的です。

 

・名称: 道の駅『摩周温泉』
・住所:川上郡弟子屈町湯の島3丁目5番5
・営業時間: 5月~10月 午前8時から午後6時 11月~4月 午前9時から午後5時
・電話番号: 015-482-2500
・サイトURL: http://www.masyuko.or.jp/michinoeki/

 

タンチョウヅルへの理解を深めたいなら

「道の駅 阿寒丹頂の里」

https://www.photo-ac.com/

 

「道の駅 阿寒丹頂の里」は、

釧路市阿寒町にある道の駅です。

 

阿寒には多くのタンチョウヅルが飛来することで知られていますが、

そのタンチョウヅルに関しての映像や資料などが閲覧できる、

タンチョウヅルの情報センターとして知られています。

 

タンチョウヅルは阿寒で餌付けに成功したこともあり、

北海道では大変意義深い場所でもあります。

 

阿寒へタンチョウヅルに関する旅行を行う予定であれば、

「道の駅 阿寒丹頂の里」は一見の価値ありといえるでしょう。

 

・名称: 道の駅 阿寒丹頂の里
・住所:北海道釧路市阿寒町上阿寒23-36-1
・営業時間: 5月~9月 AM9:00~PM6:00 10月~4月 AM9:00~PM5:00
・電話番号: 0154-66-2969
・サイトURL: https://www.akan.jp/

 

中山峠の「あげいも」は定番メニュー!

「道の駅 望羊中山」

https://www.photo-ac.com/

 

「道の駅 望羊中山」は、

喜茂別町に位置する道の駅です。

札幌から洞爺湖方面に向かう途中にある

「中山峠」にある道の駅です。

 

この「道の駅 望羊中山」の名物といえば、

札幌近郊ではよく知られている「あげいも」です。

 

小ぶりなじゃがいもを揚げたものが串となっている手軽なフードで、

ドライブ中の気分転換や小腹を満たすのにぴったり。

札幌側から観光に出発する際には、

行きの道すがら楽しむというのもよい選択です。

 

・名称: 道の駅 望羊中山
・住所:虻田郡喜茂別町字川上345番地
・営業時間: 8:30~17:30(売店・ファーストフード)10:30~15:30(レストラン)
・定休日: 年中無休
・電話番号: 0136-33-2671

 

宇宙とりんご?

「道の駅 スペースアップルよいち」

https://www.photo-ac.com/

 

余市町にあるのが

「道の駅 スペースアップルよいち」です。

 

余市町はりんごを始めとするフルーツの生産が行われており、

道の駅内では絶品のりんごパイが食べられます。

 

また、宇宙飛行士、毛利衛さんの出身地であることに関連し、

「余市宇宙記念館 スペース童夢」

が併設されており、

宇宙に関連する資料などの展示、

宇宙食の販売など、

ユニークなジャンルの楽しみ方ができる道の駅です。

 

・名称: スペース・アップルよいち
・住所:北海道余市郡余市町黒川町6-4
・営業時間: 9:00~17:00
・電話番号: 0135-22-1515

 

まとめ

https://www.photo-ac.com/

 

北海道には各地に道の駅があり、

それぞれに地域の名産品・特産品などが展示・販売されています。

 

もちろん、目的地となる観光地は別にあり、

そこにいく途上と考えることもできるのですが、

せっかく遠出をするのなら、

途中の休憩などもコンビニで済ませるのではなく

道の駅で旅行の一部として楽しむというのも良い選択肢といえるでしょう。

 

このブログへのコメント