温泉と言ったら!九州のおすすめ温泉地3つ

九州の温泉、有名どころとしては由布院や

別府温泉かと思いますが、九州の温泉で調べて

みると物凄い数の温泉があることがわかりました!

今回は、九州にある温泉の中で魅力が全く

異なるおすすめ温泉地3つを紹介したいと思います♪

個性的な温泉旅行に!

 

【湯布院温泉】(大分県)

(画像元:https://haveagood.holiday/areas/9221)

 

誰もが知っている名の知れた温泉地 由布院

温泉の湯量は全国2位を誇り、九州の軽井沢と

言われるほど夏には人気の避暑地。

由布岳をはじめ大自然に囲まれ、四季折々の

自然を楽しむことができます。

 

温泉巡りに最適な日帰り利用可の温泉もたくさん

ある上、ご当地グルメが堪能できるお店も個性的な

レジャースポットもたくさん!

年齢性別問わず、温泉と観光どちらも存分に

堪能できる万能な温泉地と言っても過言ではないでしょう♪

由布院温泉の泉質は肌にやさしい単純泉質なので、

敏感肌や硫黄など独特な温泉のにおいが苦手な

方にもおすすめです。

 

朝霧がとても幻想的な金鱗湖で散策を楽しんだ後、

観光ストリート湯の坪街道で食べ歩きをしながら

歩いて温泉地に戻ってくるのが定番の観光ルート

だそうです!

他にも、辻馬車に乗ればゆっくりと由布院ならではの

絶景を見ながらユニークな思い出づくりができますよ。

(3~12月のみ運行)

ここでは挙げきれないほど見どころ満載な由布院を、

数日かけていろいろ見てまわってみてはいかがですか?

温泉メインの大人旅向け!

 

【黒川温泉】(熊本県)

(画像元:https://stayway.jp/tourism/kurokawaonsen-hotel13/)

 

入湯手形で町おこしを大成功させた黒川温泉は、

昔ながらの旅館が30軒ほど川沿いに集まった小さな温泉街。

豊かな自然と情緒ある街並みから、外国人観光客

にも人気のスポットです。

 

湯量も豊富で、自家源泉を持つ宿が多いため、

遠出しなくても全10種ある泉質のうち7種類の

泉質を黒川温泉で楽しむことができます。

過去に年間販売数10万枚を記録したことも

ある入湯手形は、1,300円で3か所の湯めぐりを

楽しめるかなりお得なアイテム。

 

せっかく黒川温泉に行くなら是非試してみてください♪

刺激が少なめの弱酸性単純泉やアルカリ性単純泉

なら、リラックス効果がありくり返し温泉に浸かる

のにも適しています。

 

それぞれの宿は離れているため、宿にこもって食事と

温泉を贅沢に楽しむのもいいですよね!

また、街中には顔をかざすだけで肌がしっとりする

顔湯がいくつか設置されているんだとか。

 

少し足をのばせば、マイナスイオンたっぷりの鍋ケ滝や

紅葉狩りが楽しい清流の森、縁結びの滝としてネット上で

話題になった夫婦滝など、自然の恵みを存分に体感できる

観光スポットも多数あります。

アクティブに回りたい方は、車があると便利ですね!

歴史的著名人も愛した絶景温泉!

 

【阿蘇内牧(あそうちのまき)温泉】(熊本県)

(画像元:https://kumamoto.guide/yubijin/onsen/detail/6)

 

約80の源泉と約30の宿泊施設から成る阿蘇内牧

温泉郷は阿蘇山のふもとに広がって位置しており、

露天風呂から阿蘇谷や阿蘇五岳の絶景を一望できる人気スポット。

かの有名な夏目漱石や与謝野晶子が愛した歴史ある

旅館から、大型リゾートホテル、民宿など幅広く宿泊

施設が展開しています。

 

泉質は鉄分を多く含む硫酸塩泉で、保湿効果が高いので

美容効果が期待できちゃいます♪

 

阿蘇パノラマラインや大観峰など、近隣の絶景スポットまで

は距離があるため、車で行くことをおすすめします。

また、各ドライブルートは火山活動による通行規制が

かかっている可能性もあるので、おでかけ前に

チェックしてでかけましょう。

 

アウトドアスポーツに興味のある方は、温泉郷

近くの阿蘇ネイチャーランドならパラグライダーや

熱気球など、他ではなかなか味わえない体験を

されてみては?

 

座ってゆっくり大自然の景色を楽しみたい方は、

車内案内つきのトロッコ列車に乗っても楽しいでしょう。

 

~まとめ~

同じ九州でも、それぞれ個性が違って

魅力的なのでどこに行こうか迷ってしまいます!

九州内は交通の便が良いので、時間のある方は

何か所か温泉地を巡ってみてもいいですよね♪

ちなみに、九州の温泉地へのおすすめシーズンは

新緑のきれいな春~紅葉のきれいな秋にかけてが

良いそうです。

気になった場所を是非チェックしてみてください!

このブログへのコメント

この記事の関連タグ